地域のトピックス

滋賀 ここは住むテーマパーク⑭滋賀に麒麟がいる

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」はいよいよ終盤にさしかかって参りました。西教寺といえば、明智光秀が一族とともに祀られている菩提寺として知られています。こちらでは現在、その大河ドラマ「麒麟がくる」の魅力が体感できる展示や、戦国時代の様子をパネルなどで紹介しています。


西教寺

タイトルの麒麟が、西教寺の唐門にいます。左右一対の麒麟。美しく彫られた2体は両方とも角が生え、龍のような頭部、胴体には鱗、牛の尾、馬の蹄という典型的な麒麟です。光秀の生きた戦国の世で、人々は麒麟の出現を待ち侘びていたのでしょう。第1回の放映で『いつか戦(いくさ)は終わって、戦のない世の中になる。そういう世をつくれる人がきっと出てくる。その人は麒麟を連れてくる』と。落ち着かない日々が続く中、早く麒麟がやってくる日が一日も早く来ることを祈ります。
                                  西教寺 唐門
■滋賀 ここは住むテーマパーク バックナンバー
①とび太君に出会う
②信楽でたぬきに出会う
③県の面積に占める自然公園の割合が全国1位
④お寺巡り
⑤かつての都に思いをはせる
⑥かるたの聖地巡礼 ちはやふるの舞台
⑦城あるある 戦国武将に会いに行こう
⑧滋賀ロケーションオフィス「おちょやん」撮影支援
⑨グランスノー奥伊吹 全国スキー場 ランキング1位
⑩珍しい神社編 菌神社
⑪音で感じる滋賀の文化
⑫今村光彦ワールド
⑬空のダイナミズムin琵琶湖

しがIJU相談センター 移住相談員

池田

プロフィール

滋賀県長浜市出身。高校卒業まで滋賀県内で暮らす。進学を機に滋賀県を離れ、卒業後航空会社に就職。国際線勤務に携わる。退職後、2017年7月よりしがIJU相談センターの相談員をつとめる。

相談員から一言

~Mother Lake..母なる湖・びわ湖…あずかっているのは、滋賀県です~
この言葉からもわかるように滋賀の奥ゆかしい人柄がうかがえるキャッチフレーズが、私は好きです。滋賀の魅力は、琵琶湖だけではありません。豊かな自然に恵まれると共に、大都市へのアクセスの良い便利な暮らしができます。田舎と都市が共存している滋賀をもっと知りたい方、ご興味がある方は、是非、お気軽にしがIJU相談センターにお立ち寄りください。