地域のトピックス

神戸の区紹介 その⑩:垂水区vol.2 垂水の魅力とは?

神戸市の区の紹介が1巡しましたので、前回お伝えしきれなかったことを踏まえて第2シリーズを始めさせていただきます。というわけで、一番初めの垂水区から再スタートです。
前回の垂水区紹介はこちら

突然ですが、先日「垂水についてのアンケート」を地元に住んでいる知人や、今は違う地域に住んでいるけれど出身が垂水である友人に聞いてみました。

垂水の良い所・区外に住んでいる人に自慢できる魅力は?

色んな意見が出たのですが、多かった意見としては下記のようなものが挙がりました。

・海が近い
・バスの路線が豊富
・交通の便が良い(三宮・姫路にすぐ行けて、大阪や四国にも行きやすい)
・住みやすい
・ほどよく都会
・買い物がしやすい
・商店街が元気、駅前の居酒屋が美味しい
・ロケーションが良い
・海も山もあって自然が近い
・公園が多い

どれも「たしかに!」という意見ばかりです。海や山が近いというのはマップを見ればわかると思いますが、「商店街が元気、駅前の居酒屋が美味しい」というのは住んでいる人でないとわからないことですよね。垂水駅前にはアーケード商店街と、高架下にもショッピングセンターがあり大体のものが揃います。西口・東口ともにスーパーが計3か所あって、カフェも本屋も数か所ありますので、日用品や食材の購入もまったり過ごすことも可能です。ですがそれ以上に、垂水には漁港がありますので商店街に元気な「魚屋さん」「八百屋さん」があることが魅力ではないでしょうか。小学生の頃に学校から見学で行った事は今でも覚えているくらいです。

あと、もうひとつ言われて「そういえば!」と思ったのは「バスの路線が豊富」。垂水駅・舞子駅からバス路線が延びていて、北の方面に神戸市営地下鉄沿線の駅である学園都市(西区)・名谷(須磨区)まで行くことができます。この沿線には高校・大学も多いので、いつも学生が多く乗っています。

パン/神戸グルメ vol.03 ←商店街の中にはこんなお店も

垂水のおすすめスポット・おすすめの休日(時間)の過ごし方は?

やっぱり海や漁港が近い街ということもあり、海側に多くの意見が集まりました。

・マリンピア神戸で買い物やランチ
・海、海沿いをウォーキング
・明石海峡大橋の下で釣り
・五色塚古墳に登って景色を楽しむ
・垂水~塩屋/垂水~舞子の海沿いを散歩
・公園(平磯公園、健康公園、苔谷公園)で子どもと遊ぶ。スポーツをする。
・商店街の隠れた名店巡り。舞多聞でショッピング。
・スタバでテイクアウトして海辺でのんびり
などなど。

私もそうですが、やはり海の道や施設でのんびりできたり、買い物やスポーツも海を見ながらできるという事が垂水の魅力に感じる人が多いようです。マリンピア神戸というのは大きなアウトレットモールで、垂水に住んでいる人以外でも買い物に来る方が多いのですが、ふらっとすぐに行ける距離なことは嬉しいですよね。また、子育て世帯に嬉しいのは公園の充実かも知れません。駅前だけでなく、少し離れたエリアにも割と大きな公園があり、スポーツを楽しむ事もできます。

淡路島を眺めながら暮らす生活 ←こちらで海沿いのエリアの事を紹介しています。
旧グッゲンハイム邸もロケ地で登場「スパイの妻」/神戸トピックス ←これも実は垂水区です

「垂水の嫌なところ」「あまり自慢できないところ」

もうひとつ、こんな切り口でも聞いてみました。移住先として検討するには、良い所だけではなくこういう部分も抑えておくべきだと思います。この質問には、結構意見が集中しました。

・坂が多い
・坂が多ので、子どもがいたりお年寄りには困難
・道が細い

実はほとんどの人が坂道についての意見でした。バスの路線が充実しているので、行き来はしやすい一方で、バスが通ってない所に入り込むと道が細くなったり急になったりするようです。駅前から自転車で移動をする人も多いのですが、たしかに子どもを乗せて運転するようになると少し負担も増えますよね。ただ、これは私の個人的な意見ですが、海が近いという他のエリアにない魅力を考えると、逆に利点になることもあると思います。高台に登って美しい景色を眺める事ができるのもひとつですし、万が一に津波が発生した場合などはやはり高台になっている方が被害は避けられます。表裏一体だとは思いますが、こういった「坂」についての意見が多いという事も知っておいてもいいかも知れないですね。

都会が近くにあって、海も近い。暮らしやすいまち「垂水」

垂水区を一言でいうと、こんな感じでしょうか。私は最寄りの駅が垂水駅でしたので今回は垂水駅よりになってしまいましたが、舞子駅寄りのエリア、塩屋駅寄りのエリア、他にもジェームス山や桃山台、学園都市に近い多聞エリアなど、まだまだ魅力的なエリアはあります。

垂水区観光推進協議会がつくられている「みるみるたるみ」というサイトでは、このほかにもいろんなエリアや、垂水が発祥といわれているイカナゴの作り方なども紹介されています。もっと垂水について知りたいと思われた方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。
「みるみるたるみ」HP

 

\WEB(zoom)を使ったオンライン相談も可能!/
ふるさと回帰支援センター(東京・有楽町)での神戸移住のご相談はこちらから

 

神戸くらし なんでも相談窓口 パートナー

早川

プロフィール

神戸市垂水区出身。教育系の会社で社会人向けの資格取得やキャリアアップのサポート、企画・販促、学童保育事業などに携わる。転勤を機に2013年に上京、地元を離れたことで今まで気付かなかった地元の魅力を再発見し、すっかり神戸ファンに。東京で開催された神戸のイベントに参加した縁で、2020年6月より現職。
旅が大好きで、あと1県で47都道府県制覇です!

相談員から一言

神戸の魅力は、なんといっても山と海の景観!見た目の美しさだけでなく、六甲山脈と瀬戸内海に囲まれた穏やかな気候で、1年中過ごしやすいことも魅力のひとつです。おしゃれな洋菓子やパンだけでなく「そばめし」や牛すじ肉を甘辛く煮た「ぼっかけ」などのソウルフードも充実しており、春には「いかなごのくぎ煮」といった地元の味も堪能できます。また都市部では珍しく、市街地の近くに農村エリアもあり、自給自足の取り組みも積極的です。

街も自然も楽しめる、訪れても住んでもきっと誰もが好きになる神戸。ぜひそんな神戸くらしをサポートさせてください!