地域のトピックス

旧グッゲンハイム邸もロケ地で登場「スパイの妻」/神戸トピックス

先日、神戸に関係するとても嬉しいニュースが飛び込んできました。

それは、イタリアで開催されていた第77回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で、神戸出身の黒沢清監督の「スパイの妻」が監督賞に輝いたとの事。日本映画での受賞は、2003年の北野武監督の「座頭市」以来17年ぶりとのことで、監督の出身地である神戸でもとても湧いています。

「スパイの妻」は、主演を高橋一生さんと蒼井優さんが演じた1940年代の神戸を舞台にした作品。黒沢清監督は初めて出身地である神戸を舞台にされて、神戸市内各所でも撮影が行われました。そんな作品が、栄誉ある賞を受賞されたとなれば、神戸に関わる人たちにとっても誇りです。

その「スパイの妻」でも撮影に使用されたのが、この「旧グッゲンハイム邸」

神戸市垂水区・塩屋の海にほど近い場所に佇む洋館で、明治大正期に神戸に滞在したドイツ系アメリカ人の貿易商の家族がその名前に由来しています。今年の夏、実はグッゲンハイムさんが所有していたのはこの洋館ではなく、近くの別邸だった…というびっくりニュースが飛び込んできたのですが、名前はそのまま変えずに現在もコンサートや結婚式、文化教室などでも使用されています。

私はまだ足を踏み入れたことがないのですが、いつも電車の車窓や海沿いの国道から見えるこの「旧グッゲンハイム邸」は、この辺りの景色にはなくてはならないものです。特に塩屋~須磨のあいだは、海と山が両サイドに広がる美しい景観で、そんな中にあるこの館は一度見たら誰もが憧れるはずです。
旧グッゲンハイム邸HP

こんな海が見える落ち着いた空間で過ごしてみたいですね。

神戸で洋館といえば、「北野異人館街」が観光地としても有名ですが、実はこの塩屋あたりにも点在しています。ほかには、NHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」でも登場した「旧ジェームス邸」も有名で、結婚式などが行われる迎賓館として使用もされています。

このような西洋の建物が点在していることも、神戸の魅力のひとつですね。

 

下記のサイトでは、この旧グッゲンハイム邸もある塩屋や、垂水・舞子などの海辺のエリアの雰囲気を動画でご覧いただくこともできます。ふるさと回帰支援センターへ移住相談に来られる方々にも、海に近いエリアはとても人気です。ぜひご覧ください
神戸のエリア紹介・海辺のエリア(KOBE addressサイト内エリアページ)へ

ふるさと回帰支援センター(東京・有楽町)での神戸移住のご相談はこちらから

神戸くらし なんでも相談窓口 パートナー

早川

プロフィール

神戸市垂水区出身。教育系の会社で社会人向けの資格取得やキャリアアップのサポート、企画・販促、学童保育事業などに携わる。転勤を機に2013年に上京、地元を離れたことで今まで気付かなかった地元の魅力を再発見し、すっかり神戸ファンに。東京で開催された神戸のイベントに参加した縁で、2020年6月より現職。
旅が大好きで、あと1県で47都道府県制覇です!

相談員から一言

神戸の魅力は、なんといっても山と海の景観!見た目の美しさだけでなく、六甲山脈と瀬戸内海に囲まれた穏やかな気候で、1年中過ごしやすいことも魅力のひとつです。おしゃれな洋菓子やパンだけでなく「そばめし」や牛すじ肉を甘辛く煮た「ぼっかけ」などのソウルフードも充実しており、春には「いかなごのくぎ煮」といった地元の味も堪能できます。また都市部では珍しく、市街地の近くに農村エリアもあり、自給自足の取り組みも積極的です。

街も自然も楽しめる、訪れても住んでもきっと誰もが好きになる神戸。ぜひそんな神戸くらしをサポートさせてください!