地域のトピックス

私と岡山の出逢い~移住を考えるきっかけの一例~

「川の水が急にきれいになった」

青春18きっぷで広島に向かう途中、車窓から見た一級河川を見て、そう思いました。
兵庫県を過ぎ、岡山県境に入ると四方八方を山に囲まれる景色が続きます。
山に囲まれているのになぜか開放的。そして川の水が澄んでいる。
私が初めて岡山に抱いた印象でした。

山陽本線車窓より(備前市~和気町付近)

転勤族で特定の出身のない私は、「ふるさと」に憧れがありました。
その影響か、社会人になってからは数か月に一度、遠出旅行に出かけていました。

それから数か月後、初めての岡山旅行を決行。
倉敷市の蔵造りの街並みや帆布の鞄やリネンの服、備前市で出会った備前焼。
(参考:岡山県産の私物グッズ紹介)
そして早朝に見たきれいな川。
すっかり魅了されていました。

数か月に1回の旅行は、いつしか岡山に向かうことが多くなりました。
夏にはぶどうや桃などの「フルーツ」、冬には「牡蠣」、ほぼ一年通して楽しめる「タコ」や「ママカリ」。西ならではのだしの効いたうどん。
そして北部に向かうと澄んだ空気と更に深くなる緑。
新しい発見に、ときめくことばかりでした。
(参考:岡山のご当地グルメ!海の幸編山の幸編)

岡山名物「ばら寿司」

~それから数年後~

移住体験ツアーでの会食(2018年)私以外は加工をしています

岡山県某市主催の移住体験ツアーに参加したときのことです。
移住者や在住者と深い話をしていくうち、移住のビジョンが少し具体化し、友人もできました。
帰りに、初めて瀬戸内海に向かった時、緩やかで穏やかな海に落ちる夕陽を見て、こんな景色を毎日見て暮らしたいと思いました。

鷲羽山展望台からの夕日

そこからが、私の移住活動のはじまりです。

今回は移住を考えるきっかけの一例として、岡山県相談員である私の体験談を書いてみました。

山も川も海にも恵まれ、果物や魚介も豊富。空気も水も澄んでいる。人との距離もほどよい。
そんな岡山県での最高のライフスタイルを一緒に考えてみませんか?

岡山県への移住相談予約はこちらから!

おかやま晴れの国ぐらし IJUアドバイザー

金子

プロフィール

両親の地元は神奈川県。転勤族で、新潟県に生まれ、石川県や静岡県など転々とし、現在は都心部在住。福祉系大学卒業後、老人保健施設相談員、居宅支援事業所のケアマネジャー等福祉関係の仕事に従事していた。数年前に旅行で訪れた岡山に魅了され、何度も訪れるようになる。将来は移住を検討中。

相談員から一言

初めて岡山を訪れた時、早朝の静かな川に映る朝日を見てここで毎日朝を迎えたいと感じました。瀬戸内海に沈む夕日、豊富な魚介類や果物、丁寧に作られた布商品や焼き物、美しい星・・・岡山は、訪れる度新しい発見・魅力が溢れる場所です。自然や美味しいものに囲まれ心豊かな生活をしてみませんか?まずは窓口に気軽にお越し下さい。