地域のトピックス

岡山のご当地グルメ!~海の幸編~

岡山県のご当地グルメで「海の幸」といえば、皆様は何を思い浮かべますか?
良く知られているのは、トップ写真の「岡山ばら寿司」ではないでしょうか?
ままかりやさわら、タコなど瀬戸内海でとれる海の幸がたくさん載っていて、見た目も豪華、味も美味しいです☆

瀬戸内海では、これからの冬の時期は、牡蠣、シャコ、イイダコなどが旬です☆
参考:岡山県四季折々の魚についてはこちら

冬の笠岡市の市場。新鮮な牡蠣やワタリガニが並んでいます!!

シャコ

突然ですが、「シャコ」って聞いたことありますか?最初は見た目に驚きましたが食べてみるとエビのような食感で美味しいです☆

笠岡市で食べたシャコ料理

牡蠣

これからの時期といえば、牡蠣がおいしいです♪
冬には牡蠣を使った色々な食事が登場します。そして、惜しみもなく沢山入っているのも特徴です。

☆岡山の牡蠣名物といえば、カキオコが有名です!!
お好み焼きの中には牡蠣が沢山入っていて、主に備前地区(東側)の特産です☆
備前市日生のカキオコ

☆この時期は牡蠣鍋も最高ですね♡
瀬戸内市牛窓の牡蠣鍋

☆道の駅で牡蠣うどんを頼んでみた際、麺が見えないくらい、牡蠣で埋め尽くされていて驚きました!!
総社市道の駅の牡蠣うどん

ままかり

ままかりとは、さっぱという魚を切り身にして酢漬けにした郷土料理です。
あまりもおいしくて食が進み、隣にママ(まんま=ご飯)を借りに行くほどというところから、この名が付けられたそうです。
秋は脂がのり、最もおいしくなります。
バラ寿司にもよく使われます。
倉敷市美観地区のままかり定食!

番外編:タコタコカレー!!

倉敷市下津井では、タコが良く穫れます!
頂いた「タコタコカレー」は、下津井産のタコのから揚げと茹でタコ入りで、ルーにもタコのだしが入っています。

倉敷市下津井「キッチンまだかなや」のタコタコカレー

瀬戸内海エリアは、関東ではあまり見かけない魚も多く生息しています!!
現地で食べる魚や貝は新鮮で美味しいです。
海沿いを歩いていると釣りを楽しんでいる人も見かけます。
緩やかな瀬戸内海エリアで美味しい魚介を毎日食べながら暮らしてみませんか?
気になる方は、岡山県専属相談員へ♪

参考(過去トピックス):
岡山のご当地グルメ!山の幸編
岡山県産の食材を食材を使ったおうちごはん
(自粛中、在宅勤務をしていた時に作った、我が家の岡山県産×手料理ネタです)

Facebook「海暮らし・山暮らし・おかやま」でも情報発信中!

おかやま晴れの国ぐらし IJUアドバイザー

金子

プロフィール

両親の地元は神奈川県。転勤族で、新潟県に生まれ、石川県や静岡県など転々とし、現在は都心部在住。福祉系大学卒業後、老人保健施設相談員、居宅支援事業所のケアマネジャー等福祉関係の仕事に従事していた。数年前に旅行で訪れた岡山に魅了され、何度も訪れるようになる。将来は移住を検討中。

相談員から一言

初めて岡山を訪れた時、早朝の静かな川に映る朝日を見てここで毎日朝を迎えたいと感じました。瀬戸内海に沈む夕日、豊富な魚介類や果物、丁寧に作られた布商品や焼き物、美しい星・・・岡山は、訪れる度新しい発見・魅力が溢れる場所です。自然や美味しいものに囲まれ心豊かな生活をしてみませんか?まずは窓口に気軽にお越し下さい。