地域のトピックス

人生のS暮らすSAGA Vol.20 好きなことを 諦めない生き方を

Vo.18 鳥栖市  Vol.19 小城市  Vol.20 佐賀市  Vol.21 唐津市

2015年から5年間、毎年放送されたテレビミニ番組「人生のS暮らす」。登場移住者も5年間で21人に上ります。九州では高視聴率の人気番組です。
移住希望地の佐賀県視察ができない今、移住者の生活を通して現地を感じてみてください。

増永 英一 さん

  • 福岡県から佐賀市富士町へUターン
  • 移住時期:2018年
  • 現在の仕事:マウンテンバイクショップCLEAT経営

増永 英一さんの人生のS暮らすこちら

やりたいことができる環境を探し求めてたどり着いた場所

【富士町へ移り住むきっかけ】
福岡市の中心地のど真ん中でマウンテンバイクのお店をしていた時から、「福岡市から1時間くらいの距離でマウンテンバイクを楽しめるフィールド」を探し求めていた増永さん。佐賀市富士町を紹介された当初は、あまり興味がなかったそうですが、マウンテンバイクを楽しめる地域資源や環境が整っており、また地元の方の協力もあって話がどんどん進みました。それまでいろんな地域を探し回ったけれど、こんなに話が進んだのは初めてでした。
しばらくはマウンテンバイクを楽しむために福岡市から1時間ちょっとかけて通っていましたが、渋滞を抜けて富士町へ行き、日中マウンテンバイクを楽しんで、また渋滞や人ごみの中に帰る、というのはとても非効率で疲れました。それなら「いっそお店ごと移ってしまおう」と思い立ちました。周囲からは心配や反対をされたけど、自分は何度も通って富士町の良さを肌で感じていたから不安など一切ありませんでした。

【移住して変わったこと】
夢がたくさんできました。マウンテンバイクの大会を開催して、トレーラーハウスを家にして、コースを走りに来た常連さんとお酒を酌み交わして語る。福岡にいたときの「いつもお店を開けておかなければならない」ということもありません。でも常連さんと密な関係は築けているからほんとにストレスフリーです。それでもまだやりたいことの10%も叶えていません。もっとイベントを計画したり、カフェを開いたり、他のジャンルの方と一緒にプロジェクトを立ち上げたりとやりたいことはたくさんあります。ネットがあれば世界中の最先端のものが買える時代だからこそ、わざわざ行きたいと思える場所と、会いたいと思える人が必要だし、ここにはそのフィールドがあります。福岡や熊本のお客さんが、今までより行きやすくなったと喜んでくれるのもうれしいです。今までは、自分のために動き考えてきたこともあったけど、今は地元の人が仲間であり家族であり、その人たちのために何かしたいと思うようになりました。

【これから移住を考えている方へ】
田舎でのんびり過ごしたい、と憧れる人はたくさんいるけど、「エスケープ(逃げ)」な人はダメです。明確な目的を持って考えたほうがいいです。自分は餅つきも草刈りもなんでも手伝って、地域いちばんの便利な奴になろうと思っています。自分が今こうしていられるのも、地域の方がたくさん助けてくれたから。おんぶにだっこで周りの人と関わりながらきちんとつながりを持てる人じゃないと続きません。自分のことだけ考えている人はうまくいかないと思います。でも自然があって人ごみがなく、水も野菜も米もなんでも美味しくて何より人がいい。そしてやりたいことができるフィールドもある。やりたいことや夢を叶えるのにどんな環境がいいかしっかり考えるとぴったりの移住先が見つかると思います。

増永さん以外の移住者の人生のS暮らすこちら
増永さん以外の移住者のインタビューこちら

さが移住サポートデスク 移住コーディネーター

矢野

プロフィール

佐賀県佐賀市で小・中・高校の12年間を過ごす。福岡の短大に進学後、ワードプロセッサのインストラクタとして勤務。結婚を機に夫の東京転勤にともない千葉県浦安市民に。2人の子育てをしながら、IT関係に従事。2016年7月より「さが移住サポートデスク」の移住コーディネーターとなる。

相談員から一言

都心に近い場所で子育てをしてみて、思い出すのは佐賀市で過ごした幼少期。きれいな川で魚をとったり、れんげ畑で花飾りを作って時間の経つのも忘れて遊んだ日々。高校卒業30周年イベントで久しぶりに帰った佐賀は、きれいな街にはなってはいたものの、まだ自然がたっぷり。こんな場所で子育てできたら、という思いを改めて強くしました。福岡、長崎へのアクセスも便利で、教育にも熱心な佐賀県。多くの海、山の名産品と奥深い文化・芸術を是非皆様にお伝えしていきたいと思っています。