地域のトピックス

人生のS暮らすSAGA Vol.19 老舗の味を 未来へつなぐ

Vo.18 鳥栖市  Vol.19 小城市  Vol.20 佐賀市  Vol.21 唐津市

2015年から5年間、毎年放送されたテレビミニ番組「人生のS暮らす」。登場移住者も5年間で21人に上ります。九州では高視聴率の人気番組です。
移住希望地の佐賀県視察ができない今、移住者の生活を通して現地を感じてみてください。

嘉村 光平さん・早紀さん

  • 光平さん(大阪から小城市へUターン)、早紀さん(大阪から小城市へIターン)
  • 移住時期:2019年
  • 現在の仕事:創作和菓子「ひかり

嘉村 光平さん・早紀さんの人生のS暮らすこちら

「継業」という新しい形で夢を叶える

【移住したきっかけ】
高校卒業後、菓子職人になるため大阪へ。10年程働き、「そろそろ自分の店を持ちたい」と考えていたとき、実家のある小城市のおまんじゅう屋さんが閉鎖するという話を耳にしました。ご両親の勧めもあって話を聞きに行ったのがきっかけで継ぐことになり、店名を改め自分の店をオープンすることができました。

【移住するときの不安】
お彼岸などの行事や風習が大阪と違うことに驚きました。そもそも小城市の人口が少ないので、やっていけるのかという不安も少しありました。また、以前のお店の味を変えてしまわないよう修行して心がけましたが、自分の味が受け入れてもらえるのか心配でした。

【暮らしの変化について】
大阪にいたときは、子どもたちのことを含め、自分達だけでやることがほとんどでした。今はいろんな人と接することができて、子どもの環境にもいいと感じています。保育園も大阪では姉弟別々の場所に預けていて、送り迎えがたいへんでした。小城市は車があれば不便はなく、駐車場も無料だし広くて快適です。大量のお買い物にも便利です。

【継業・移住について】
前のお店のおまんじゅうを初めて食べたとき、「この味を残したい」と思いました。継業は、以前のお客様もそのまま継ぐことができるし、全くゼロからというよりは始めやすいと思います。
移住は、その土地に自分が馴染む、という気持ちが大切だと思います。先代のお店と変わらないものを大切にしつつ、大阪で学んだ技術や味も上手く取り入れていきたいです。

嘉村さん以外の移住者の人生のS暮らすこちら
嘉村さん以外の移住者のインタビューこちら

さが移住サポートデスク 移住コーディネーター

矢野・髙山

プロフィール

矢野:佐賀県佐賀市で小・中・高校の12年間を過ごす。福岡の短大に進学後、ワードプロセッサのインストラクタとして勤務。結婚を機に夫の東京転勤にともない千葉県浦安市民に。2人の子育てをしながら、IT関係に従事。2016年7月より「さが移住サポートデスク」の移住コーディネーターとなる。

髙山:佐賀県のお隣、久留米市出身。旅行・観光関係に従事し、佐賀県限定の仕事も佐賀在住で4年、東京在住で2年、計6年と佐賀にどっぷり浸かる。地域活性化やまちづくりに活躍する市・町やNPO法人とも、観光資源の開発や販路拡大のため一緒に取り組む。移住は移住される皆様にかかわる重大な課題。気を引き締め、的確に信頼できる情報を迅速に届けたいと思い2021年5月相談員として着任。

相談員から一言

矢野:都心に近い場所で子育てをしてみて、思い出すのは佐賀市で過ごした幼少期。きれいな川で魚をとったり、れんげ畑で花飾りを作って時間の経つのも忘れて遊んだ日々。高校卒業30周年イベントで久しぶりに帰った佐賀は、きれいな街にはなってはいたものの、まだ自然がたっぷり。こんな場所で子育てできたら、という思いを改めて強くしました。福岡、長崎へのアクセスも便利で、教育にも熱心な佐賀県。多くの海、山の名産品と奥深い文化・芸術を是非皆様にお伝えしていきたいと思っています。

髙山:佐賀県は玄海灘と有明海に面し、広大な佐賀平野と県中央部には東西に連なる背振山、自然豊かな海・山・大地が広がっています。また半島や大陸に近いので、いち早く国際的な文化・産業に接してきたことで、現在の産業発展や先進的な地域づくりにつながっています。その素晴らしさは、旅行ではなかなか味わい尽くせません。是非多くの方に「さがある暮らし」を実現していただけるよう、的確に信頼できる情報を迅速に届けたいと思っています。私が感じた「日常生活の中にある佐賀県の魅力」をお伝えすることで、佐賀での素晴らしい生活につなげていただきたいと思います。