地域のトピックス

最後の対決!! ~青い空、夢と光~

こんにちは。
ふくおかよかとこ移住相談センターの中原です。

来る10月2日(土)に、
「はじめての地方都市移住のススメ(北九州×神戸)」【オンライン+会場】
が開催されます!

【オンライン&会場】はじめての地方都市移住のススメ(北九州×神戸) 

政令指定都市として、都市機能を備えながら、歴史ある街並み、表情豊かな港町の景色、自然豊かなエリアなど、共通点も多い二つのまちがはじめてコラボしたセミナーです。

セミナー開催にあたり、両市の魅力を発信するべく、

第1弾 史上最大の対決が実現!神戸市×北九州市コラボセミナーのおしらせ
第2弾 お城 vs タワー!? 史上最大の対決第2弾 はじまりはじまり!! 

を配信しました。みなさま、ご覧いただけましたか?

さて今回は、史上最大の対決第3弾、最後の対決!!です。

対決その3

 

まずは、こちらの動画をごらんください。
よみがえった青空~女性による公害克服の歴史~ - YouTube

「北九州市の環境は、この4枚の写真抜きには語れません。
日本初の近代的製鉄所の操業と繁栄、そして発生した深刻な公害問題との戦い。北九州市の歩みはここから始まりました。
公害を克服したのは、市民・企業・行政一体の取り組みの成果でした。
そして、この姿勢は現在まで変わりなく続いています。」
公害克服への取り組み』北九州市HPより

青い空をとりもどした、いまの北九州市の姿を伝える動画がこちら


海街 emotion|北九州 - YouTube

 

 

 

 

「BE KOBE」は、阪神・淡路大震災から20年をきっかけに生まれた、「神戸の魅力は人である」という思いを集約したシビックプライド・メッセージです。

新しいことに挑もうとする人や気持ちを愛する、そんな神戸を誇りに思うメッセージとして広めています。
BE KOBE

>>『「シビックプライド・メッセージ」というあまり聞きなれない言葉に、どういう意味なのだろうかと純粋に気になり調べてみたところ、「都市に対する市民の誇りを指す言葉」であり市民に向けた都市を未来へと動かす推進力となるメッセージ であるそうです。「郷土愛」や「まち自慢」などの愛着とは少しニュアンスが異なるこの言葉。』
神戸のシビックプライド「BE KOBE」 より引用

BE KOBE」のサイトでは、震災をきっかけとして地域・社会・世界に貢献する活動を行われてきた方へのインタビューを特設インタビューサイトで公開しています。

BE KOBE|世界に知ってほしい、新しい神戸をつくっている100人の話

インタビューはどれも興味深い、貴重なお話しになっています。その中から、ひとつだけこちらのお話をどうぞ。
動画はこちら
夢と光 (bekobe.jp)

映像の前半部分で、男性がこうおっしゃっています。

「ちょっと悪いかなぁ、みんなになぁ・・・。」

この方の思う「みんな」という言葉に、復興の道のりの重さを感じます。

 

個人とか組織とか、田舎とか都会とか、それぞれに歴史というものを抱えていますが、
特に大きな困難に突き当たったとき、そこにいる人々がどのように考え、体を動かし、力を合わせて試練を乗り越えていったのか、その積み重ねがあって、いまの暮らしが営まれています。

日常の大切さをよく知っている、というところにも、二つの都市の同じ思いが感じられます。

*****************************************************************************

いかがでしたか?
最後の対決は、勝負どころのない、テーマから少しずれた話になってしまいました。
ただ、当たり前が不透明で見通せない昨今の状況の中で、大切なものを忘れない両市のありかたには、これからの街と人とのかかわりの中で、悔いのない人生を送るときに何が必要かを考えるためのたくさんのヒントがあふれているのではないでしょうか。

対決おしまい。

 

ふくおかよかとこ移住相談センター東京窓口 移住コーディネーター

中原

プロフィール

福岡県福岡市出身。大学進学を機会に福岡を離れ、長野、大阪、東京に住む。約30年ぶりに福岡へUターン。6年後、再び上京。2019年6月より「ふるさと回帰支援センター」内の「ふくおかよかとこ移住相談センター」にて移住コーディネーターをつとめる。

相談員から一言

福岡へUターンして、都会と田舎と両方経験しました。都会では都心へ歩いていけるところに住み、コンパクトなまちの便利を満喫。田舎では庭に果樹も生えている戸建に住み、たんぼも畑もリノベーションも小屋づくりも、ほとんど経験しました。
あなたの「こうしたい」を実現させるところが、福岡にはたくさんあります。興味のある方はお気軽に「ふくおかよかとこ移住相談センター」にお越しください。