地域のトピックス

神戸のシビックプライド「BE KOBE」

近年、神戸に関するところでよく見かけるようになった「BE KOBE」
これはどういう意味で、どのように使われているかご存知でしょうか。

実はこの「BE KOBE」は昔からあるものではありませんでした。阪神・淡路大震災から20年目であった2015年に出来たもので、「神戸の魅力は人である」という思いを集約したシビックプライド・メッセージ。

 

シビックプライド・メッセージとは

「シビックプライド・メッセージ」というあまり聞きなれない言葉に、どういう意味なのだろうかと純粋に気になり調べてみたところ、「都市に対する市民の誇りを指す言葉」であり市民に向けた都市を未来へと動かす推進力となるメッセージ であるそうです。「郷土愛」や「まち自慢」などの愛着とは少しニュアンスが異なるこの言葉。

海外でも、例えばオランダのアムステルダムでは「I amsterdam」と宣言し、元々住んでいる人も移民も皆アムステルダムを構成する一員なので誇りを持ちましょう というメッセージを発信していたり、スペインのバルセロナではロゴマークが作られたりしていたそうです。「あなたがドキドキして夢をもっていれば、バルセロナ市全体がドキドキするまちになりますよ」というメッセージが込められた「BARCELONA BATEGA!(バルセロナがドキドキする)」といったキャンペーン等も行われたようで、確かに単に街が好きというだけではなく、自分たちで未来を作っていくという気持ちと誇りにつながるように感じられます。

では、話を戻して神戸はどうかと言うと、神戸は「先進的で開放的、豊かな創造性と国際性、みなとまち」そして、震災という困難を乗り越えた街です。でも昔から神戸で暮らしている人たちだけではなく、震災を経験していない人たちも同じように誇りを持っています。震災以降に生まれた人・移り住んでこられた人たちも多くなり、今や震災を経験していない市民は5割近くになるそうです。

でも、どれだけ人が変わっても、街としての誇りは変わらないことを考えると、やはりこのメッセージのように「人」が神戸の魅力であることは間違いありません。

3つの「BE KOBE」モニュメント

というわけで、神戸市内にはこの「BE KOBE」のモニュメントがいろんな所に設置されています。


一番有名なのはポートタワーのすぐ近く、メリケンパークに設置されている「BE KOBE」


そしてこの2代目が、1つ目の対岸となるポートアイランドのしおさい公園に設置されています。

さらに、今年2020年に新しく誕生した3代目「BE KOBE」は神戸市北区のつくはら湖・神出山田自転車道。今までのウォーターフロントではなく、里山エリアに設置されています。

これらを全部まわってみるのも、神戸を知れるいいコースになるかも知れないですね。

この「BE KOBE」については、特設サイトで生い立ちやインタビューなども紹介されています。神戸市民の方も、そうでない方も、これを見る事で神戸のシビックプライドに触れて頂けると思います。ぜひご覧ください。
BE KOBE シビックプライド

 

\WEB(zoom)を使ったオンライン相談も可能!/
ふるさと回帰支援センター(東京・有楽町)での神戸移住のご相談はこちらから

 

神戸くらし なんでも相談窓口 パートナー

早川

プロフィール

神戸市垂水区出身。教育系の会社で社会人向けの資格取得やキャリアアップのサポート、企画・販促、学童保育事業などに携わる。転勤を機に2013年に上京、地元を離れたことで今まで気付かなかった地元の魅力を再発見し、すっかり神戸ファンに。東京で開催された神戸のイベントに参加した縁で、2020年6月より現職。
旅が大好きで、あと1県で47都道府県制覇です!

相談員から一言

神戸の魅力は、なんといっても山と海の景観!見た目の美しさだけでなく、六甲山脈と瀬戸内海に囲まれた穏やかな気候で、1年中過ごしやすいことも魅力のひとつです。おしゃれな洋菓子やパンだけでなく「そばめし」や牛すじ肉を甘辛く煮た「ぼっかけ」などのソウルフードも充実しており、春には「いかなごのくぎ煮」といった地元の味も堪能できます。また都市部では珍しく、市街地の近くに農村エリアもあり、自給自足の取り組みも積極的です。

街も自然も楽しめる、訪れても住んでもきっと誰もが好きになる神戸。ぜひそんな神戸くらしをサポートさせてください!