地域のトピックス

先着5世帯!新城市子育て応援企画「ビンゴde移住」始まる!

愛知県新城市(しんしろし)で面白い企画が始まりました。その名も「ビンゴde移住」
「ビンゴは知ってるし、移住もわかるけど、ビンゴと移住が一緒になるってどういうこと??」
気になる企画の概要は後ほどご案内しますが、まずは舞台となる新城市をご紹介します。

ロマンあふれる自然と歴史の里~新城市~


愛知県東部の三河山間地域にある「新城市」。歴史の授業で聞き覚えがある方も多いと思いますが、織田信長・徳川家康の連合軍と武田勝頼軍が戦った「長篠・設楽原の戦い」の舞台となった歴史ある地域です。豊田市に次ぐ県内で2番目の面積を有し、「三河の嵐山」とも呼ばれる桜の名所である桜淵公園や紅葉が美しい鳳来寺山をはじめ、四谷の千枚田や阿寺の七滝など、豊かな大自然が織りなす美しい景観を一年を通して楽しめます。

美しい自然に囲まれた新城市は、美味しい食の宝庫。数ある名産品の中から一部ご紹介します。


鳳来牛
市場にあまり出回ることがない、希少牛です。山間地の豊かな自然環境で育まれた鳳来牛は、「肉のうま味」さらには「肉の甘味」を存分に堪能することができます。


鳳来の梅
鳳来地区は県内一の梅の産地です。青梅の市場出荷が中心ですが、様々な加工品の販売も行われています。


八名丸さといも
粘りが強くやわらかい特徴を持ち、味・食感ともに優れています。煮物、おでんのほかに、皮ごと蒸して味噌や生姜醤油をつけて食べる「キヌカツギ」もおすすめです。


五平餅
香ばしい赤味噌の五平餅は、奥三河の特産品のひとつです。お店によって、大きさは異なり、わらじほど大きい五平餅を販売しているところもあります。

その他にも、高原トマトやイチゴ、ほうれん草などが有名な農業が盛んな地域で、新規就農者に対する支援体制も整っています。(ページ後半でご紹介)

将来を担う若者たちが立ち上げた「ビンゴde移住」

そんな魅力触れる新城市で新たに始まった企画が「ビンゴde移住」。この企画は、ビンゴで楽しみながら、新城市での暮らしや子育てを応援しようと始まりました。ビンゴのどの項目にチャレンジしても新城市の魅力を感じることができ、ビンゴをクリアすると特産物の報酬を獲得することができる、「新城市を知る→新城市へ移住する」ことが一連でできる企画となっています。

1ビンゴ達成ごとに、「市内共通お買い物券」「新城市特産物セット」「湯谷温泉食事付き入浴券」「鳳来牛」等がプレゼントされるそうです!


<対象者>
・未就学児がいる世帯
・SNSアカウントをもつ方
・令和3年7月15日以降に新城市へ住民票を移す方

<応募期間>
令和3年7月15日~令和3年12月24日(実施期間は令和4年1月31日まで)
※先着5世帯
※本企画に関するお申込み、お問い合わせ窓口はこちら

実はこの企画、新城市に住む若者たちを中心に立案された企画なんです。新城市では若者が活躍できるまちにするため、若者を取り巻くさまざまな問題を考え、話し合うとともに、若者の力を活かすまちづくり政策を検討しようと、「新城市若者条例・新城市若者議会条例」に基づき、平成27年4月1日に「新城市若者議会」を設置しました。予算提案権を持ち、予算の使い道を若者自らが考え政策立案し、それを市長に答申し、市議会の承認を得て、市の事業として実施されます。こういう一連の仕組みやサイクルが、日本で初めて条例で定められているんです。 新城に対するさまざまな意見・想いを持つ若者同士、新城について語り合いながら「新城のこれから」について若者の視点で考え活動しています。

若者たちが新城市の将来を真剣に考え、一年近い年月をかけて議論し、今回の「ビンゴde移住」が立ち上がったのです。将来を担う若者たちの思いが市政に反映・実現されるのは素敵ですよね。

全国の自治体があの手この手で移住対策を行っていますが、新城市の企画はビンゴというゲームを通じて、地元の人との交流や体験を通して新城市をどんどん知ることができ、ビンゴをクリアした時には特産品ゲットは勿論、新城市の虜になって移住につなげることができるという、移住者にとってありがたい取組みですよね。

ぜひ、若者の活気にあふれ若者が活躍できる新城市で、新たな暮らし、自然に囲まれた子育てを検討してみませんか。

=============================================================
<ビンゴde移住に関するお申込み、お問合せ>
新城市役所 企画部 企画政策課 ビンゴde移住事業担当
電話  0536-23-7620
メール kikaku@city.shinshiro.lg.jp
https://www.city.shinshiro.lg.jp/kurashi/jyutaku-tochi/ijyu-teijyu/binngodeizyuu.html

<新城市のご紹介>
◆新城市 https://www.city.shinshiro.lg.jp/index.html

◆新城市のことがわかる!パンフレット
https://www.city.shinshiro.lg.jp/shisei/koho-kocho/shinshirocitypamphle.html

◆新城市若者議会 https://wakamono-gikai.jp/

◆新城市の子育て情報 https://www.city.shinshiro.lg.jp/kosodate/index.html

◆魅力満載!新城市の観光スポット
https://www.city.shinshiro.lg.jp/kanko/promotion/index.html

◆新規就農者求む!新城市の農業
アグリチャレンジ新城 https://www.city.shinshiro.lg.jp/agri/index.html
公益財団法人 農林業公社しんしろ https://www.sunalix.co.jp/kosya-shinshiro/index.html

 

※現地へ行かれる際は、移動先の自治体が提供している情報や要請等を確認した上で、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」などの感染症対策へのご協力をお願いいたします。

<あわせて読みたい!あいちのトピックス>
秋のお出かけで迷ったら…「いまこそ、愛だ。」~あいちの山里編~
都会と田舎のある豊田市には無限の選択肢がある!

 

=============================================================
★あいちの山里・離島への移住に関するご相談はこちら(お気軽にお問い合わせください)
ふるさと回帰支援センター あいち暮らし相談センター
=============================================================

あいち暮らし相談センター 移住相談員

黒岩

プロフィール

生まれは福岡県福岡市。高校卒業まで福岡市内で暮らし、大学進学を機に神戸市へ。地域を元気にする関西のお笑い番組に刺激を受け、卒業後はテレビ業界へ就職。名古屋の放送局に18年間勤務し、報道・スポーツの現場、広告営業、イベント業務に従事。2021年6月より「ふるさと回帰支援センター」内の「あいち暮らし相談センター」にて相談員をつとめる。

相談員から一言

愛知県と言えば、世界のトヨタを中心とした「モノづくり」産業、きしめんや味噌カツといった独特な食文化の「なごやめし」、織田・豊臣・徳川の三英傑を輩出した歴史文化のイメージですが、それだけでありません!日本三大都市の名古屋市に加え、三河の山間地域や佐久島・日間賀島・篠島の愛知三島など、自然が豊かで魅力的な地域もあります。都市と田舎を兼ね備えたハイブリッドな愛知県で、これまで暮らしてきた地域にはない、新たな出会いをサポートいたします。