地域のトピックス

【十日町市】ミッション型地域おこし協力隊募集開始!

現代アート、棚田、きもの、古き良さと新しい感性が交差(クロス)する場所

十日町市とは・・・新潟県の原風景のような田園風景が広がっている中に、突如、現代アートが現れ、思わず写真を撮りたくなるそんなところ。かと思うと方言バリバリな農家のお母さんもいて、田舎暮しの中に思わず発信したくなるような人や景色があって「おもしろいところ」なのです!

十日町市の夏の楽しみ方。自然をめいっぱい感じられるアウトドア&アクテビティ(写真:一般社団法人 十日町市観光協会より引用)

今回の募集案件は「ミッション型地域おこし協力隊」なので、お願いする業務内容が決まっており目的をもって最大3年間、地域と関われるのは安心ですね!


おみやげ館の中にあるお酒コーナー。新潟県ならではの地酒やご当地ビールなども並びます。

◆業務内容について
道の駅クロステンを活動の拠点とし、主として新商品開拓や販売企画立案などに携わっていただきます。
・『道の駅クロステン』を中心に地場産品の販売拡大
おみやげ館での販売対応、販売企画の立案、接客対応
・ 地域内の新商品掘り起し・新商品開発・新規仕入先・販売先の開拓
首都圏営業所(和光市)Towako の業務支援
・ 各種イベント・販売会への支援
・ 市内外でのマーケティング活動
・ 上記に関連する業務全般

まずはクロステンでじっくりと販売に関わり地域を学び、その後、他の業務にも取り組んでほしいそうです。首都圏(和光市)への出張業務もあります!
クロステンの様子は道の駅クロステンのFacebookをご覧ください!

◆募集要項・申込書について
こちらのクロステンのホームページより、ご確認ください。
募集人数:1名

応募前のご相談、承ります!

詳細をきいてみたい方は、にいがた暮らし・しごと支援センター本間までご連絡お待ちしています。クロステンの担当者ともお話しも可能です。
相談申込フォームはこちら
・協力隊ってそもそもなによ?
・協力隊終了後の就職が心配ですが・・・
・興味があるけど地域になじめるか不安。どんな人がいるの?
などなど、お気軽にお問合せください。はっきり言って・・・オススメの案件です!

十日町市のレポートはこちらをご覧ください。
\にいがた訪問/写真映え100%清津峡トンネル&十日町①
\にいがた訪問/写真映え100%清津峡トンネル&十日町②

にいがた暮らし・しごと支援センター(有楽町オフィス) 相談員

本間

プロフィール

新潟県柏崎市出身。高校卒業後、新潟県内・東京都内・埼玉等に在住。新潟県と関東圏を行き来し生活した経験を生かし地元に貢献したいと考えるようになり、「にいがた暮らし・しごと支援センター(有楽町オフィス)」移住相談員をつとめる。

相談員から一言

新潟県は東京まで新幹線で約2時間ほどと、便利な環境ながらも、「夏の海の綺麗さ」や「冬の雪を被った綺麗な山並み」など四季の移ろいがはっきりと感じられる、自然豊かなところです。一方で、日本海側最大の都市もあり、色々な移住の可能性があるところも特徴だと思います。お米もお酒もお魚も新鮮でおいしいですが、なんといっても「人の面倒見の良さ」「あたたかさ」が一番の魅力だと思います。移住を考えた時、地元に戻ってみたくなった時まずはお気軽にお越しください。お話しながら一緒に叶えたい暮らしを考えていきましょう。