地域のトピックス

滋賀で働く魅力を再発見 Vol.4

伝統ある「七本鎗」の酒造りを継承し、この土地で暮らし「生きていく」/冨田酒造有限会社

美味しい日本酒を表す時によく、「まるで水のように飲みやすい」と言われることがあります。滋賀県、琵琶湖の最北端に位置する長浜市。3月でも雪の降るこの街の一角、古い町屋や商家の建物が残る木之本町に、460余年続く酒蔵「冨田酒造」があります。日本酒「七本鎗」は、冨田酒造で造られる、滋賀の地酒の代表格。日本酒好きなら、1度は聞いたこと、飲んだことがあるのではないでしょうか。
潔いほどの辛口、キレがある飲み口の一方で、とても「水のよう」なんて言わせないしっかりとした後味。米と水でつくられた、まさに「日本のお酒」を飲んでいるという実感を味わうことができます。全国各地のお酒を知る日本酒通に「滋賀の地酒なら、七本鎗」と言う人が多いのも、うなずけるところ。今、冨田酒造では、酒造りの将来を担うスタッフを募集しています。460余年の歴史がある酒蔵で、新たに続く日本酒の歴史の一部になれる仕事に挑戦してみませんか。
求人情報は、以下より。
しがと、しごと。〜滋賀で働く魅力を再発見!〜

働く人を増やしたい

豊かさの指標がモノからコトやつながりに移行しつつあるこの時代で、自らの住んでいる地域、またこれから住みたい地域を前向きに捉えるためには、仕事に対して前向きになれていることが大切ではないかと考えています。この滋賀には、働くことが前向きになれるような、働き心地の良い仕事の選択肢が十分にあります。にも関わらず、それらの情報に触れる機会が圧倒的に少ないことを課題に感じています。ここでは、そんな滋賀県の魅力的な企業情報を発信していきます!

フリーペーパーや募集要項だけでは知ることができない、仕事の内容/やりがい/そこで働く人たちについて少しでもお伝えする中で、少しでも前向きな移住の検討につなげていただければと思います。移住先のお仕事についてのご相談は以下からも受け付けています。
ご遠慮なくご相談ください。→ こちら
バックナンバー
滋賀で働く魅力を再発見Vol.3
滋賀で働く魅力を再発見Vol.2
滋賀で働く魅力を再発見 Vol.1

 

しがIJU相談センター 移住相談員

池田

プロフィール

滋賀県長浜市出身。高校卒業まで滋賀県内で暮らす。進学を機に滋賀県を離れ、卒業後航空会社に就職。国際線勤務に携わる。退職後、2017年7月よりしがIJU相談センターの相談員をつとめる。

相談員から一言

~Mother Lake..母なる湖・びわ湖…あずかっているのは、滋賀県です~
この言葉からもわかるように滋賀の奥ゆかしい人柄がうかがえるキャッチフレーズが、私は好きです。滋賀の魅力は、琵琶湖だけではありません。豊かな自然に恵まれると共に、大都市へのアクセスの良い便利な暮らしができます。田舎と都市が共存している滋賀をもっと知りたい方、ご興味がある方は、是非、お気軽にしがIJU相談センターにお立ち寄りください。