地域のトピックス

市町村紹介シリーズⅠ この人に聞いてみました!【菊池市】

熊本県の各市町村をご紹介します。シリーズⅠでは受け入れてくれる役場の担当の方、移住支援員さん、先輩移住者さんなどの色々な方に登場していただき、地元の魅力や暮らし、移住を検討中のあなたへのメッセージをお届けしていきます。

第4回目は【すべてがちょうどよい /菊池市】

菊池市は、人口約4万8千人、熊本県の北東部に位置し、阿蘇の外輪山を源とする菊池川・合志川の恵みによる豊かな水資源と肥沃な大地のため、県内有数の農林畜産業の盛んなところです。古来より菊池一族の統治により九州の政治・文化の中心地として栄えました。観光面では毎年約30万人の観光客が訪れる菊池渓谷や日本の名湯百選に認定された菊池温泉のほか、各地に桜、コスモス、ホタルなどの四季を彩る自然や菊池一族の歴史と伝統を物語る観光スポットがあり県内外から多くの観光客を集めています。車で熊本市まで約40分、くまもと空港まで約30分、阿蘇までも約30分という自然も都市部にも便利な場所にあり、近年特に子育て世代に“ちょうどいいまち“として人気を集めています。

今回は、菊池市役所で地域振興、移住定住、地域おこし協力隊などの案件に通算で約4年間関わっていらっしゃる川上篤さんにお話しを聞いてみました。菊池市は移住された方の定住率がとてもよいとのこと、その秘密も伺ってみました。

◎菊池市移住定住促進webサイト:きくち暮らしのすすめhttps://www.city.kikuchi.lg.jp/ijuteiju/

(菊池市の移住ご担当 左側が川上さん、右側は佐々さん)

◇川上さんの思う菊池市の良さ
川上さんは菊池市ご出身で、東京出向の期間以外はずっと菊池市に住んでいらっしゃる生粋の地元民。「菊池市は豊かな自然を満喫できるし、大地の恵みも豊富でおいしい、さらに空港や熊本市にもアクセスしやすく、『ちょうど良い田舎』で、『いいとこ取り』なまちなんですよ」とのこと。そのため、移住しやすいので子育て世代やシニア世代にも人気のようです。

◇定住する人が多い秘密は?
菊池市は、移住された方や地域おこし協力隊の隊員の定住率が高いのですが、その秘密は、『ちょうどよい田舎』、『いいとこ取りのまち』のため、熊本市に一番近い地域には働く世代などが多く流入し、また市役所のある中心市街地にはスーパーや病院、お店、保育園もあり便利なので子育て世代に人気。あるいは少し自然に近いところや山が身近な暮らし、家庭菜園を楽しみたいなどの、その人それぞれの希望にあった場所が選べるのも魅力。

あとはやはり「人がいい!」、地域の方たちと溶け込んだあとは本当にお世話好きの方が多いのも移住者には温かく住みやすいと感じるようです。

◇川上さんの余暇の過ごし方
菊池市内には1000m級の山が2つあり登山やアウトドアを楽しまれているそうです。菊池市の代表的な観光スポットである、日本銘水百選の菊池渓谷は夏涼しく、秋は紅葉もきれいで、ハイキング帰りには菊池温泉に立ち寄りお風呂をいただくのもお勧めです。

また、美味しいものやコーヒーが大好きな川上さん、お休みの日はカフェやレストランなど市内外問わずお店巡りをされているとのこと。

最近のおすすめは、今年3月に菊池市内にオープンした「SUMI(スミ)」という台湾料理屋さんだそう。

◆川上さんからのメッセージ◆
私は以前2年間東京に出向していたのですが、その2年間が自分の住む熊本や菊池を意識する貴重な機会になったと思っています。
それまでは自分の住む地域を意識したり考えたことなんてほとんど無かったと思いますが、熊本を離れて初めて「水が美味しい、野菜が美味しいってこういうことなんだ!」というのを身を持って実感することができました。
そして何より「おかえり」と言ってくれる人たちが菊池にいるということが本当に嬉しかったことを今でも覚えています。

しかし、私は一概に「田舎が都市より良い」とは思いません。都市には都市なりの良さや刺激があると思います。

それらを踏まえたうえで、移住を検討されていらっしゃる方たちがどういう暮らしや生き方をしたいのかというのを考えるお手伝いができればと思っています。ぜひお気軽にご相談くださいね!

菊池市では、移住者交流会も年に数回行われているので、知り合いができ、よそ者同士悩みも相談出来て安心ですね

(移住者交流会 「餅つき体験」の様子)

★菊池市ではオンライン相談も受け付けております。
詳しくはこちらをご参照ください。

 

◎ここで突然クイズです 

菊池市に由来のあるこのイケメン武将は誰でしょう?

~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆

答え:菊池武光公

菊池市の名前の由来にもなっており、平安時代の後期から室町時代にかけての450年にわたって活躍した武士の一族である「菊池一族」。その中でも一大英雄として後世まで語り継がれているのが、この菊池15代「武光公」です。武光公は南北朝の時代、南朝方の雄として懐良親王とともに激戦を繰り広げ、九州を平定し、南朝方の最盛期を築き上げました。
菊池市には、今でも市内の至る所に一族ゆかりの史跡が残っています。
新型コロナが収束したらぜひ菊池市へ来て、菊池の歴史と文化を感じてみてください!https://www.city.kikuchi.lg.jp/ichizoku/

~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆~⋆

《市町村紹介シリーズⅠ この人に聞いてみました!その他の地域のバックナンバーはこちら↓
熊本市
天草市
上天草市
山鹿市

くまもと移住定住 支援センター 相談員

清原

プロフィール

熊本県熊本市出身。アウトドアが好きで海や山、温泉など熊本の自然を満喫しています。自宅には自前のキャンプ道具がいっぱい。また、学生の頃はバックパック旅行も好きで、社会人になってからは旅行業界に従事し、旅行の企画や添乗、観光プロモーションをやっていました。

相談員から一言

山あり、海あり、川あり、温泉あり、キレイな水あり、くまモンあり。45市町村、それぞれの自然や温泉や文化的遺構や産業があり様々なライフスタイルが選べます。あのあこがれの景色のその中へ。熊本へきなっせ。