地域のトピックス

県外出身コーディネーターが見た!香川 その4

<直島 宮浦港 「赤かぼちゃ」>

直島町&ちょっとだけ高松市・観音寺市編

こんにちは。2021年9月から「うどん県・香川暮らし相談コーナー」で移住交流コーディネータ―をしています、廣原です。
今回はシリーズ第4弾として、直島町を中心にご紹介したいと思います。
実は直島へ行ったのは2021年7月のこと。その時はまだ香川県の移住交流コーディネータ―ではありませんでした。瀬戸内国際芸術祭の開催地で有名な直島へは、かねてから行きたいと思っていて、コロナの自粛規制が緩和されたのを機に、サクッと行ってきました。
第1弾はこちら
第2弾はこちら
第3弾はこちら


<JR宇野駅(岡山県)宇野港からのフェリー>

直島には宮浦港と本村港があり、港へのアクセスは、岡山県にある宇野港からのフェリーが断然便利。どちらの港へも約20分、¥300(小人¥150)です。時刻表など詳細はコチラ

フェリーの展望デッキにもアートが!さすがはアート県香川。
約20分後に、直島・宮浦港に到着。港にある「赤いかぼちゃ(草間彌生)」は船からもよく見えました。

港から歩ける距離にさっそく「直島パヴィリオン(藤本壮介)」
町営バスに乗って地中美術館前で降り、少し歩くと「三枚の正方形(ジョージ・リッキー)」「シップヤード・ワークス 船尾と穴(大竹伸朗)」

左から「茶のめ(片瀬和夫)」「見えて/見えず 知って/知れず(ウォルター・デ・マリア)」「シップヤード・ワークス 切断された船首(大竹伸朗)」

左の写真、ふたつの丘の真ん中にちいさーく瀬戸大橋が見えます。
真ん中のは、海に浮かぶ桟橋。右には、小さく「黄色いかぼちゃ(草間彌生)」が写っています。
このあと、この「黄色いかぼちゃ」を見るため、てくてく歩いてゆきました。


「黄色いかぼちゃ」はとても人気で、一緒に写真を撮ろうという人で行列ができていました。
そんな大人気の「黄色いかぼちゃ」ですが、8月の台風で海に流されてしまいました(泣)
現在は「安全な場所」に保管されているそうです。

↑ こちらはベネッセハウスの屋外アートです。どれも同じアーティスト=ニキ・ド・サンファールの作品。私は一番右のファンキーな「猫」という作品が好きです。
来年2022年には「瀬戸内国際芸術祭」が開催されます。
ぜひ、瀬戸内の島々に足を運んでアートを楽しんでください。

アートを見た後は、腹ごしらえ。うどんを食べてから、今度はフェリーで高松へ向かいました。
直島から高松港までは、フェリーで約50分、¥520(小人¥260)

日本一の長さを誇る、高松市内のアーケード。その一角のお店で晩ご飯です。
香川の新鮮な野菜を使ったお通しはじめ、海鮮豆腐や三豊なすなど、めずらしいお料理を頂きました。

高松駅から予讃線多度津駅へ。反対ホームに「臨時列車アンパンマン号」を目撃!
多度津駅では、自販機だけでなく、ごみ箱にもアンパンマンのイラストが描いてありました。
夏休みという事もあって、ファミリー層に大人気。列車は満席のようでした。

多度津で予讃線を乗り継ぎ、愛媛との県境近く、観音寺市のある町まで「ふらっとローカル列車の旅」をしてみました。一輌のワンマンカーで海沿いを走るのですが、降りた駅は無人のうえに、ICカードリーダーがなかったので、運転手さんに現金精算してもらう羽目に。発車時刻が過ぎても、お客さんのなかには、誰一人文句を言う人などいませんでした。本当に温厚でやさしく、心のひろい香川県民。

多度津でマリンライナーに乗り換え、新幹線に乗るため岡山駅へ。瀬戸大橋から見る島々の美しさに感動しました。
そして最後は、岡山駅の駅ビルで「さぬきうどん」を食べて、旅を締めくくりました。

かがわ暮(ぐ)らしポータルサイトはこちらです。

うどん県・香川暮らし相談コーナー うどん県移住交流コーディネーター

廣原

プロフィール

岐阜県大垣市出身。営業や接客など人と関わる仕事を多く経験した後、2021年9月より「うどん県・香川暮らし相談コーナー」の移住交流コーディネーターとなる。現在、同居家族は夫と猫4匹。香川のある場所に旧姓と同じ駅名があったので、不思議な縁を感じています。

相談員から一言

香川県は日本一面積の狭い県。そして、古くからお遍路さんを受け入れるおもてなしの県でもあります。私自身、旅行した時に地元の人との交流を通して「香川県の人の心は日本一広い!」と思いました。出身者ではない目線から、香川県の暮らしやすさや感じたことを正直に伝えていきたいと思います。ご相談をお待ちしています!