地域のトピックス

「テレワーク移住支援金」が該当となる自治体の紹介

移住支援金とは?
東京23区に在住または通勤する方が、東京圏外(※1)へ移住し、起業や就業等を行う方に、都道府県・市町村が共同で交付金 (※2)を支給する事業です。
制度について:詳しくはこちら!!
岡山県の制度・該当する市町村について:詳しくはこちら!(
27市町村のうち、25市町村が該当します。予算を超えたら終了となる場合もございます)

今回は、その中でも令和3年度より新たに新設された「テレワークを継続して行う方への移住支援金」を行っている自治体を紹介します。

テレワーク移住支援金について:配属先の会社からの命令ではなく、自分の意思により移住をした場合で、移住先を生活の本拠地とし、移住元で業務を引き続き行うこと。地方創生テレワーク交付金を活用した取組の中で、所属先企業等から資金提供されていないこと
(その他にも市ごとに要件がございますので、下記の市の情報をご確認ください)

岡山市 新幹線や飛行機のターミナルもあり、出社を要するときにもアクセスがスムーズ。後楽園や旭川、北部の山々の風景などの景観が美しい。
      【早朝の岡山城】

倉敷市 鉄道やバス網なども充実。美観地区や瀬戸内海からのロケーションを見ながらワーケーションも実践できる。
※移住支援金が該当しない方へ)倉敷市独自のテレワーク補助制度

     【観光名所美観地区】

津山市 県北部の中心部で空港や隣県へのアクセスも良好。駅近くには津山城や古き良き街並みが並んでいる。車で少し行くと田園風景や渓流なども見られる。
    【津山市街地の光景】

参考:岡山から東京のアクセスの良さ(相談員の新幹線通勤体験)※注!この記事に掲載されているセミナーは既に終了いたしました。)

おかやま晴れの国ぐらし IJUアドバイザー

金子

プロフィール

両親の地元は神奈川県。転勤族で、新潟県に生まれ、石川県や静岡県など転々とし、現在は都心部在住。福祉系大学卒業後、老人保健施設相談員、居宅支援事業所のケアマネジャー等福祉関係の仕事に従事していた。数年前に旅行で訪れた岡山に魅了され、何度も訪れるようになる。将来は移住を検討中。

相談員から一言

初めて岡山を訪れた時、早朝の静かな川に映る朝日を見てここで毎日朝を迎えたいと感じました。瀬戸内海に沈む夕日、豊富な魚介類や果物、丁寧に作られた布商品や焼き物、美しい星・・・岡山は、訪れる度新しい発見・魅力が溢れる場所です。自然や美味しいものに囲まれ心豊かな生活をしてみませんか?まずは窓口に気軽にお越し下さい。