地域のトピックス

兵庫県アンテナショップ「兵庫わくわく館」からちょっといい話③ (そして家島諸島)

兵庫県への移住相談窓口「ひょうご移住プラザ」(東京・有楽町のふるさと回帰支援センター内)は有楽町駅前の東京交通会館8Fにあります。このビルは各地のアンテナショップが集まっていることでも知られ、兵庫県のアンテナショップ「兵庫わくわく館」も地下1階に店舗を構えています。

その「兵庫わくわく館」で私が購入した商品のご紹介第3弾!!

本日ご紹介するのは-----(♪ジャカジャカジャカジャァァァーン!)

な、なんと 高・級・珍味 カラスミ ですっ!!(ちょっと鼻息荒めで)

皆さんご存じだとは思いますが一応。

「カラスミ」はボラというお魚の真子(卵巣)を塩漬けにしてから天日干しして作る珍味で、ウニ、コノワタと並んで日本三大珍味に数えられています。
産卵のために太平洋から瀬戸内海に入ったボラは臭みも少なく粒がきめ細かく、おいしいそうです。
なんといっても、この熟成された感じの色。(写真が今一つですみません)

そして、知る人ぞ知るその産地は姫路!

そうです、姫路といえば姫路城が真っ先に思い浮かぶ人が多いと思いますが、こんな海産物も名物なんです。
そんな姫路のどこでカラスミを作っているか?というと

家島諸島(いえしましょとう) なんです。

その家島諸島の中にある坊勢島(ぼうぜじま)は、漁業が大変盛んです。昨年秋の漁期はボラが豊漁で、今がカラスミの天日干しの最盛期!

家島諸島は兵庫県の姫路市沖(瀬戸内海では播磨灘といわれる場所です)にあり、姫路港から船で30分。意外と近いんです。


(家島空き家対策協議会チラシより)

※家島諸島についてはこちらの記事も出ました!👇
家島地域おこし協力隊×ひょうご移住プラザ スペシャル企画 第1弾  島暮らし ~姫路本土から30分、瀬戸内の島・家島の場合~ | 地域のトピックス | フルサトをみつける・つながる、地方移住応援webマガジン「Furusato フルサト」 (furusato-web.jp)

 

そんな家島についてちょっと興味を持たれた方

こんなサイトがあります。(いろいろ織り交ぜてます)

MY HOME ISLAND 家島諸島 帰りたくなる場所

家島観光事業組合

家島空き家対策協議会

姫路市地域おこし協力隊Facebook(家島諸島で活動されています)

姫路市地域おこし協力隊Instagram

兵庫県公式観光サイトHYOGO!ナビ 姫路から船で約30分!穴場の離島・家島で夏旅&マリンスポーツを満喫 !!

坊勢漁協(カラスミを作っているところです)

週末島活

いえしまライフ。Instagram

ちょっと見てみて下さい。

そして今回ご紹介したカラスミを販売していたのは兵庫わくわく館です。

(あくまで私の気分でご紹介させていただいております。ひいきorステマではありません。念のため)

一応、そして私がいる兵庫県の移住窓口移住相談窓口「ひょうご移住プラザ」はこちら

カムバックひょうご東京センター ひょうご移住プラザ 移住アドバイザー

近藤

プロフィール

神奈川県生まれ。小学校からの子供時代と阪神淡路大震災後の1年間を、宝塚市で過ごす。都内の大学に入学後、東京で社会福祉士として相談支援や介護業務に従事。一時期、茨城の農業関連会社で勤務していたこともあり。アウトドアでの活動や歴史・文化に触れることが大好きで、現在は登山やトレッキングにはまりすぎて困っている。

相談員から一言

兵庫県は日本海から瀬戸内海まで日本を縦断する唯一の県です。気候も雪国から温暖な瀬戸内気候までバラエティーに富んでいます。豊かな海、美しい里山、風情あふれる街、おしゃれな都会もみんなすぐそこ!自然も文化もうまいもんもいっぱいで「みんなが知ってる名物」だらけです。人生について少し考えてみたくなったら、兵庫県で新しいチャレンジをしてみませんか?新しいライフスタイルの可能性は無限大!兵庫県での暮らしや仕事をしっかりサポートします。