地域のトピックス

「静岡市職員採用セミナー」ご参加ありがとうございました

68名の方にご参加いただきました!

1月16日(土)にオンライン開催をしました「静岡市職員採用セミナー」、多くの方に参加していただき、ありがとうございました。申込期間毎日増えてゆく参加者さんにこちらも身が引き締まる思いで準備をして参りました。当日は68名の参加となり、こちらも驚くくらい大人数での開催となりました。
参加者さんは静岡という地域に所縁のある方が多く、もちろん学生さんが一番多かったのですが、現在お勤めをされている方も多く「静岡市に戻って働きたい、静岡市だから将来設計図が描ける」という皆さんのお気持ちがとても伝わってきました。

当初は、会場とオンラインのミックス形式で開催する予定でしたが、緊急事態宣言の発出により急遽オンラインのみの開催となったことに対して、参加者さんのご理解がありスムーズにセミナーも進められました。改めて御礼を申し上げます。
後のアンケートでやはり距離的な問題や、「このコロナ禍での移動を考えるとオンライン開催であってとても良かった」という意見もたくさん頂戴しました。68名という人数を考えましても、場所を考えることなく気軽にそして自分スタイルで参加できるという良さを今回強く感じました。

セミナーの様子。仕事の様子だけでなく、普段の生活についてもそれぞれ語っていただきました

「想像力枠」というちょっと聞きなれない独特の採用枠もある静岡市の採用内容についてもご案内しました

静岡市職員を希望される方には、静岡市をより輝く街に創ってゆく旗振り役になっていただきたいです。このような困難な状況でございますが、そのような中でがんばっている自分を大切にしてください。

当日聞き足りないことがあった方、静岡市役所をもっと知りたいと思われた方、都合がつかなくて当日参加できなかった方、今回のセミナーと同じではないですが、下記オンラインセミナーを開催します。

●静岡市人事委員会が2月12日(金)、16日(火)、20日(土)で「静岡市役所シゴト×働き方ガイダンス(事務職編)」
●2月20日(土)のみ開催される「静岡市役所シゴト×原崎方ガイダンス(技術職編)」
詳細はコチラのリンクを参照してください。ご参加お待ちしています!

◆1月16日『【オンライン】静岡市職員採用セミナー』開催概要(イベントは終了しました)

静岡市移住支援センター 移住アドバイザー

田邉・稲葉

プロフィール

田邉:兵庫県神戸市出身。大学卒業まで神戸市で過ごし、その後転勤等で東西を転々として静岡市では7年ほど暮らす。県庁勤務・銀行勤務・市役所勤務等を経て、2020年4月より「静岡移住支援センター」にて相談員を務める。

稲葉:福岡県北九州市に生まれ、家族の転勤に伴い、全国の都市や地方に住み、子供のIターン就農をきっかけに地方移住に興味を持つ。義両親の出身地である静岡市の先祖代々の墓所からの美しい駿河湾の眺めに魅せられ、縁あって静岡市移住相談員に。

相談員から一言

田邉:歴史も、美しく雄大な自然も、おいしい海の幸山の幸も、レジャーもショッピングも、街や山間地や海の暮らしも、都市機能も揃っているのは政令都市ならではの贅沢な魅力。あれもこれも市内の「普通の暮らし」の中で手に入る、それが静岡市!皆様のご希望に添えるカードをたくさん用意してお待ちしておりますので、どうぞお気兼ねなくお声がけください。

稲葉:首都圏に近く、海と山に囲まれた政令指定都市である静岡市。JR東海道線沿線を中心とした「おまち」は坂道が少なく交通機関も豊富で便利な都市部。一方「オクシズ」は南アルプスまで続く自然豊かな環境でありながら市街地までも遠くない。そんなコンパクトな静岡市の最大の魅力は、何と言っても人の温かさ。こんな暮らしがしたいというご相談はもちろん、どんな暮らしがしたいのか、まだ明確に決まっていない方のお話もじっくりとお聞きします!