地域のトピックス

(ちょっと一息)全国のおやつコレクション

ふるさと回帰支援センターには、現在41道府県・2市の専属相談ブースがあります。ですので、お土産やお裾分けで頂けるお菓子がかなり充実しています。

ちょっと一息つきたいときに、たまらなく美味しいおやつ。今回はその充実のおやつコレクションをほんの少しだけご紹介します。

始めの写真で載せているのは、神戸市のお隣ブース兵庫県より。現地への出張から帰ってこられたところの兵庫県相談員・近藤さんから、その名の通り心躍るパッケージの「兵庫・丹波産 栗おどるマロンケーキ」と「明石たこせんべい」をお土産で頂きました。「鶯ボール」は先日開催したセミナー参加者へのプレゼントしたものです。鶯ボールは兵庫県加古川市で作られていて、関西にしかなかったことを初めて知りました。

「倉敷珈琲」と「まびレーヌ」は岡山出張に行かれていた岡山県相談員の金子さんより。
真備には実は何度も行った事があり、私も大好きな市です。

呼吸チョコは大阪なので普通に差し入れです。有楽町・交通会館1階にアンテナショップがあり、私も実はよく行ってました。ぬれせんべいは愛媛県相談員の松原さんより。愛媛のものなのかな?勉強不足でしたので、調べてみます。

真ん中の「北の散歩道・ハスカップ」は北海道相談員の大貫さんから。ブルーベリーに似たハスカップは、北海道ならでは のようで、めちゃくちゃ美味しかったです。

これは、少しわかりにくいかもしれませんが三重県といえば…の「赤福」です。美味しすぎて、東京・日本橋にある三重のアンテナショップへ翌日買いに行ってしまいました(さすがの人気で、着いた時には時すでに遅しで売り切れでした…)

完全に神戸とは関係のないおやつレポートとなりましたが、せっかく全国のいろんな地域を知っている方々が集まっている「ふるさと回帰支援センター」ですので、おやつも全国制覇を目指したいと思います。

 

ふるさと回帰支援センター(東京・有楽町)での神戸移住のご相談はこちらから

 

神戸くらし なんでも相談窓口 パートナー

早川

プロフィール

神戸市垂水区出身。教育系の会社で社会人向けの資格取得やキャリアアップのサポート、企画・販促、学童保育事業などに携わる。転勤を機に2013年に上京、地元を離れたことで今まで気付かなかった地元の魅力を再発見し、すっかり神戸ファンに。東京で開催された神戸のイベントに参加した縁で、2020年6月より現職。
旅が大好きで、あと1県で47都道府県制覇です!

相談員から一言

神戸の魅力は、なんといっても山と海の景観!見た目の美しさだけでなく、六甲山脈と瀬戸内海に囲まれた穏やかな気候で、1年中過ごしやすいことも魅力のひとつです。おしゃれな洋菓子やパンだけでなく「そばめし」や牛すじ肉を甘辛く煮た「ぼっかけ」などのソウルフードも充実しており、春には「いかなごのくぎ煮」といった地元の味も堪能できます。また都市部では珍しく、市街地の近くに農村エリアもあり、自給自足の取り組みも積極的です。

街も自然も楽しめる、訪れても住んでもきっと誰もが好きになる神戸。ぜひそんな神戸くらしをサポートさせてください!