地域のトピックス

現地の人とWEBで話そう!オンライン相談できる山梨の自治体

外出を控えているこの時期、地方移住に興味があってもなかなか相談に行けずお困りのことと思います。
そんな今、続々とオンライン移住相談を受け付ける自治体が増えています!

オンライン相談(WEB相談)とは

インターネットを使ったテレビ電話システム「Zoom」や「Skype」により、画面越しに対面してお話しできます(カメラなしでの音声通話もOK!)。
通常の電話と違い通話料が無料*だったり、資料や画面の共有もできたりと、とても便利。
パソコンやタブレット、スマートフォンがあればすぐに利用できます。
※インターネット通信費は別途必要

さらには「LINE」による移住相談をはじめる自治体も!
より気軽に地域のリアルを知ることができますね。

やまなし暮らし支援センターでも3月からオンライン相談を実施していますが
山梨県の自治体担当者と直接WEBでお話できる機会をぜひ活用いただきたいと思います。

山梨県でオンライン相談ができる自治体(6月10日更新)

◆上野原市
新宿からJR在来線で60分!首都圏通勤も可能、農ある暮らしも可能な街です。
【相談方法】Zoom、Skypeによるオンライン相談(要事前予約)
【受付時間】平日 8:30〜17:15
【問合せ先】上野原市移住サイトをご確認ください

◆甲州市
勝沼のブドウ畑の眺望、多種多彩なワイナリー♪塩山駅前は街並みがきれいで生活も便利です。
【相談方法】Zoomによるオンライン相談(要事前予約)
【受付時間】平日 9:00〜17:00
【問合せ先】「甲州らいふ」内ページをご確認ください

◆韮崎市
甲府と八ヶ岳の間に位置し、程よく自然と街が融合。リノベが盛んな地域としても注目!
【相談方法】Zoomによるオンライン相談(要事前予約)
【受付時間】平日 8:30~17:15 ※5/31まで左記時間内で受付
【問合せ先】「にらさき移住定住ポータルサイト」内ページをご確認ください

◆都留市
都心に近く、県立大学があり、高齢者にもやさしい街つる。4月に新体制で移住相談センターがOPEN!
【相談方法】ZoomまたはLINEによるオンライン相談(要事前予約)
【受付時間】平日 9:00~17:00
【問合せ先】都留市移住定住相談センター
Tel: 0554-56-7511 / Mail: info@osusowake.life

◆身延町
ゆるキャン△聖地として注目! アウトドアや風情ある温泉、信仰の山、伝統工芸のあるスローライフができる田舎町です。
【相談方法】やまなし暮らし支援センターとのSkype接続による相談
【受付時間】平日
【問合せ先】やまなし暮らし支援センターへご連絡ください

◆道志村
東京・神奈川に近い清流の秘境。キャンプ好きには最高の環境! 移住サポート体制も充実しています。
【相談方法】Zoomによるオンライン相談(要事前予約)
【受付時間】随時・応相談
【問合せ先】道志村移住支援センターHPをご確認下さい

◆甲府市
県庁所在地・こうふでは便利な市街地で暮らしながら大自然にすぐアクセス可能!
【相談方法】Zoomによるオンライン相談(要事前予約)
【受付時間】平日10:00~17:00
【問合せ先】「甲府の暮らし方」内ページをご覧ください

◆富士吉田市
富士山のふもとのまち、ハタオリのまち、協力隊や若い世代の活躍にも注目です。
【相談方法】ZoomまたはLINEによるオンライン相談(要事前予約)
【受付時間】平日10:00~18:00
【問合せ先】ふじよしだ定住促進センターHPをご確認ください

-----

もちろん通常通りお電話やメールでのご相談も受け付けています。
県内自治体のお問い合わせ先はやまなし移住定住ポータルサイト「市町村情報」からご確認いただけます。

地域がまだはっきりしていない、どこに相談したらいいか迷っているという方は
やまなし暮らし支援センターまでお気軽にお問い合わせください!
【お電話】03-6273-4306(祝日除く10:00~18:00)
【メール】yamanashi@furusatokaiki.net

※変更・追加があれば随時更新いたします。

やまなし暮らし支援センター 移住専門相談員

宮崎・長島

プロフィール

宮崎:北海道苫小牧市出身。小学校2年生の冬、父親の転勤に伴い横浜と東京に居住。東京で就職し、34年間一貫して電子回路設計業務に従事する。定年前に退職し、2021年7月より「やまなし暮らし支援センター」の相談員として着任。

長島:群馬生まれの大分育ち。大学進学を機に上京し、卒業後も東京で就職。映画・映像業界、アパレル、家具メーカーで勤務する。前職で富士吉田市周辺へ度々訪れていたこと、山梨出身の友人知人が多いこと、なじみの飲食店が山梨に移転など、なぜか山梨にまつわるエピソードが続いたことをきっかけで興味を抱き、2021年5月より相談員を務める。

相談員から一言

宮崎:6年間、山梨での単身赴任を経験しました。自然、温泉、果物に魅了され、単身赴任が終わっても毎月のように通うようになりました。情報収集に努めて、首都圏から近い山梨の魅力を伝えたいと思っています。お気軽にやまなし暮らし支援センターへお越しください!

長島:山梨県は移住先として人気の場所です。自治体・関係機関と連携しサポートいたします。皆さまの思い描くやまなし暮らし、ぜひお聞かせください。窓口で待っています