【地域おこし協力隊募集】“自然首都・只見”で「人と自然の共生」を目指す!鳥獣被害対策協力隊を募集 |地域のトピックス|FURUSATO

移住について相談する
移住について
相談する
無料
×

【地域おこし協力隊募集】“自然首都・只見”で「人と自然の共生」を目指す!鳥獣被害対策協力隊を募集

【地域おこし協力隊募集】“自然首都・只見”で「人と自然の共生」を目指す!鳥獣被害対策協力隊を募集 | 地域のトピックス

鳥獣被害対策の地域おこし協力隊員募集

只見町は、福島県の西端・新潟県との県境にある人口約3800人の自然豊かな町です。東北で初めて人と自然との共生を目指す「ユネスコエコパーク」に認定された町でもあり、日本の首都が“東京”なら、自然の首都は“只見”であるという自負のもと「自然首都・只見」を宣言し豊かな自然を生かした新たな地域づくりを目指しています。
そんな只見町ですが、人口減少と高齢化によって、農業の担い手も減少し、遊休農地が増加傾向にあることから、鳥獣の人里への出没、農作物被害も増えています。
人里が自然に飲み込まれず共生していくため、農業等への鳥獣被害対策に積極的に取り組む地域おこし協力隊を募集しています。資格等は必要なく、未経験でも大丈夫です!日本の自然の中心地“自然首都・只見”で、地域おこし協力隊として活躍しませんか?

地域おこし協力隊募集の概要

【募集人員】
1名

【活動内容】
・有害鳥獣出没時の捕獲申請・捕獲許可などの業務
・集落等への有害鳥獣対策への指導・助言、有害鳥獣対策補助金交付などの業務
・地域内の鳥獣被害状況の把握、有害鳥獣に関する調査報告などの業務
・その他、関連する各種事務処理及び現地活動

【報酬】
日額8,100円以内
・住居は原則只見町が準備する住宅に居住し、住宅の賃貸料等は町が負担します。付随し使用する車庫の賃貸料、光熱水費等は本人負担となります。また、生活備品は本人対応になります。
・転居するにあたり必要な費用(引っ越し代)は本人負担ですが、要件により町の補助制度があります。(上限30万円)
・要件により町独自の奨学金返還補助制度があり、1年間に返還した額の1/2(上限18万円)を補助します。任期終了後も定住した場合、対象期間は最大96ヶ月です。

【申込受付期間】
令和5年2月17日(金)まで(当日消印有効)

詳細・募集要項は只見町HPよりご確認ください。
只見町地域おこし協力隊「鳥獣被害対策協力隊」募集要項|只見町公式ホームページ|福島県 (tadami.lg.jp)

【申込み】
以下より応募用紙をダウンロードし、必要事項を記入の上、運転免許証等身分証明書の写しを添えて下記担当係まで送付してください。

鳥獣被害対策協力隊応募用紙.doc
<送付先>〒968-0421 
福島県南会津郡只見町大字只見字町下2591-30
只見町役場農林建設課農林係 宛

【お問い合わせ】
農林建設課 農林係
〒968-0421 福島県南会津郡只見町大字只見字町下2591番地の30
TEL 0241-82-5230/FAX 0241-82-2845
Eメール:[email protected]

【その他】
只見町の暮らしについては公式noteから↓↓
福島県只見町【移住・定住】公式note