<移住・まち情報>【石川・珠洲市】ってどんなとこ?(NHK「いいいじゅー!!」2024/4/5放送) |地域のトピックス|FURUSATO

移住について相談する
移住について
相談する
無料
×

<移住・まち情報>【石川・珠洲市】ってどんなとこ?(NHK「いいいじゅー!!」2024/4/5放送)

<移住・まち情報>【石川・珠洲市】ってどんなとこ?(NHK「いいいじゅー!!」2024/4/5放送) | 地域のトピックス

塩田千春・作「時を運ぶ船」。2017年から奥能登国際芸術祭の一環として、珠洲市の旧清水保育所で常設展示されている

NHKで絶賛放送中!「いいいじゅー!!」とは?

NHKにて放送中の移住者密着ドキュメント番組「いいいじゅー!!」。こちらの番組制作にふるさと回帰支援センターも協力をしています。当ページでは、番組で取り上げられた地域の特色や生活環境、一押しポイントなどをご紹介します。

番組概要
番組名 いいいじゅー!!
放送局 NHK
ナレーション 友近(芸人)
番組サイト 各回の放送内容や再放送情報など、詳細はこちら
備考 放送日時、内容が変更になる場合があります。予めご了承ください。

紹介地域のバックナンバーはこちら!

2024年4月5日(金) は「石川・珠洲市」の移住者を紹介!

移住を通して新たなライフスタイルを模索する人々をドキュメント!能登半島地震で断水が長引く石川県珠洲市で、移住者の男性が銭湯を復活させた。珠洲で奮闘し続けるワケは(引用元:『いいいじゅー!!』公式サイト

2024年4月5日の回では、日本三大パワースポット「聖域の岬 青の洞窟」もある石川・珠洲市へ移住した方が紹介されました。

  • 珠洲市ってどんなとこ?
  • 観光するのではなく生活する上でどんな魅力がある?

どんなまちか知れば、「なぜ移住したのか」がより具体的に見えてくるかもしれません。


石川・珠洲市はこんなところ!

珠洲市は能登半島の最先端、奥能登の里山里海に抱かれた、本州で最も人口が少ない市です。約160ある集落には、自然とともに生きる人々の営みや伝統文化が受け継がれており、多様性に溢れています。たとえば「珠洲焼」は、江戸時代初期から続く素朴な風合いが特徴の陶磁器で、国の重要無形文化財に指定されています。能登半島突端の海に浮かぶ円形の島「見附島」は、国の名勝に指定されています。
こうした豊かな自然と文化を持つ珠洲市に、2024年元日、最大震度7を観測する大地震が発生しました。発災当初より、自衛隊、消防、警察、行政職員、企業、団体、個人ボランティアなど全国各地から様々な方が集まり、活動を続けてくださっています。
3月末現在も一部地域以外は断水が続き、復旧復興の真っ只中です。珠洲市は、困難な状況に立ち向かいながら、力強く歩み始めています。

例年秋に開催される「寺家の秋祭り」。日本最大のキリコ(巨大な燈籠)が登場する

住まい、生活環境について

前述した2024年の震災により、多くの住家が被害を受け、住居を失った方が増えています。市営住宅や民間アパート、空き家などの住まいはあったものの、仮設住宅の整備が優先されているため、現在移住者の住まい確保は難しく、課題となっています

しごと・就職関連情報

石川県は、豊かな自然に恵まれた県境を活かし、約10%の市民が農業、林業、漁業といった1次産業を生業としています。また、起業を検討されている方には、新規創業や雇用拡大事業に対する補助金制度をご用意しております。震災後は、事業者の再建支援のための「石川県なりわい再建支援補助金」も設けられています。

医療・福祉環境について

珠洲市立の総合病院と歯科診療所を含む16の医院を合わせ、計17の医療機関があります(※1)
震災の影響で、16医療機関のうち6医療機関が診療や処方を再開しています(※2)

1)2021年3年時点 ※2)2024年3月末時点

子育て・教育環境について

珠洲市内には、認定こども園、小学校から高校までの教育機関が揃っています。
震災の影響で閉鎖されていた認定こども園1園が再開し、小学校から高校までの教育機関は全て再開しています。また、市外へ避難している子ども向けにオンライン授業を実施していました。

約400年前から珠洲市仁江海岸で続く伝統的な製塩方法「揚げ浜式塩田」

交通アクセスについて

東京~珠洲

  • 羽田空港~のと里山空港:約1時間 空港から車で約45分
  • 東京駅~金沢駅:約3時間 金沢駅から車で約3時間

金沢~珠洲

  • 車で約3時間
  • 高速バスで約3時間~4時間

新高岡~珠洲

  • 車で約3時間
珠洲市からのメッセージ

2024年に発生した能登半島地震は、珠洲市に甚大な被害をもたらしました。現状、珠洲市内にはすぐに住める住居が不足しているため、移住促進が難しい状況です。しかし、ボランティア活動などを通じて珠洲に関わっていただくことは可能です。
珠洲市のことを知ってもらい、関わる人が増えることが、珠洲の未来につながると信じています。珠洲市のボランティア募集につきましては、こちらのページをご覧ください。

関連サイト

 石川県の移住相談をするなら「ふるさと回帰支援センター」へ!

東京・有楽町に構える移住相談センター「NPO法人ふるさと回帰支援センター」(東京交通会館8階)では、全国各地域の移住情報を豊富に揃えています。さらには各地域の専属の移住相談員も多数在籍していますので、「いいいじゅー!!」で紹介された石川県をはじめとする地方移住についてお考えの方は、ぜひお気軽にご相談下さい。
センター内にはハローワークも併設しているので、地方での就職・転職の相談や求人情報の閲覧も可能!移住相談とあわせてご利用下さい。

移住情報をたくさんご用意してお待ちしています!

いしかわ移住UIターン相談センター(ILAC東京)
TEL

090-1541-8786

メールアドレス [email protected]
ふるさと回帰支援センター定休日 月曜日、祝日
※上記の他、窓口ごとの定休日等の詳細はこちらのページをご覧ください
営業時間 10:00~18:00
所在地 東京交通会館8階(ふるさと回帰支援センター内)
交通アクセス・フロアマップ

 

移住相談をご希望のみなさまへ
  • 対面の他、オンライン(Zoom)、電話での移住相談もお受けしております
  • 対面での相談をご希望の方へ引き続き『事前予約』と『マスクの着用』をお願いしております
  • その他検温の実施など行っております。詳しくはご来館前にこちらのトピックスをご確認ください。

この記事の情報は全て2024年4月時点のものです