【南房総市】地域おこし協力隊<農業農業支援スタッフ(農業研修生)>募集! |地域のトピックス|FURUSATO

移住について相談する
移住について
相談する
無料
×

【南房総市】地域おこし協力隊<農業農業支援スタッフ(農業研修生)>募集!

【南房総市】地域おこし協力隊<農業農業支援スタッフ(農業研修生)>募集! | 地域のトピックス

「枇杷」「いちご」の農業技術が学べ、研修後は農地取得資格を入手できる

【南房総市ってどんなところ?】
南房総市は、都心から90分、千葉県房総半島の南端に位置し、首都圏にありながら多くの里山、里海の自然の残る地域です。
東京湾に面した穏やかな内房と太平洋側の外房という2つの海を有し、毎年多くの方が訪れています。
そして温暖な気候、豊かな自然といった観光資源を活用し、学習旅行やサイクリング、サーフィンなど体験型の観光が盛んに行われています。
『花摘み』や『いちご狩り』『枇杷狩り』といった収穫体験も人気です。海岸沿いは黒潮の影響で冬でも霜が降りない地域もあり、早春の露地花が咲きほこる景観は多くの人を楽しませています。

【募集の背景・目的】
近年、高齢化と人口減少により農業の後継者不足が進み、耕作放棄地が目立ち始めています。
また、特産品である『枇杷』は房州枇杷とも呼ばれ、皇室にも献上されていますが、令和元年の台風の影響で大きな被害を受けました。
今回募集する協力隊は、市内の法人において、『枇杷』又は『いちご』を中心とする農業技術や加工技術を学び、将来、南房総市内で就農し、担い手として活躍できる方を募集します。

【活動内容】
・『枇杷』または『いちご』の栽培技術の習得(研修機関での研修)
・『枇杷』または『いちご』の加工技術の研修
・『枇杷』または『いちご』以外の花などの農作物の栽培についての研修
・地域の農業課題の解決に向けた活動(遊休農地対策など)
・研修後は農業研修を受けたことになり、農地を取得する資格(農家資格)が得られますので就農することが可能となります。

【募集人数】
・枇杷栽培研修生  1人
・いちご栽培研修生 1人

【募集期間】
令和6年4月1日(月)~令和6年5月20日(月)
※4月29日(月・祝)に「移住・交流情報ガーデン」にて個別相談会を実施しますので、ご興味のある方は4月22日(月)までに南房総市地域資源再生課までご連絡ください。

*詳しくは「南房総市地域おこし協力隊募集要項」をご覧ください。

【問い合わせ先】
担  当 農林水産部 地域資源再生課
受付時間 8:30~17:15
電  話 0470-33-1073