【曽爾村】移住お試し住宅の効果的な使い方 |地域のトピックス|FURUSATO

移住について相談する
移住について
相談する
無料
×

【曽爾村】移住お試し住宅の効果的な使い方

【曽爾村】移住お試し住宅の効果的な使い方 | 地域のトピックス

移住を検討し始めて、情報収集をしていると「お試し住宅」「お試し移住」というワードに触れる機会が多いかと思います。
さまざまな地域で実施されている「移住お試し制度」を見ながら、奈良県曽爾村のお試し住宅の活用方法を紹介していきます!

「お試し移住」の重要性

奈良県曽爾村のお試し住宅の紹介をする前に…。
まずは、移住を検討するにあたって「お試し」することの重要性を考えていきましょう。

「移住者と地域住民のトラブル勃発」「移住者が村八分に…」といったニュースを全国津々浦々で耳にすることがあります。
なぜこういった事が起こるのでしょうか?
それは、「移住者」と「地域住民」それぞれが、相手に対して求めている期待値がミスマッチしているからだと考えられます。

「地域」のことや、そこに住む「住民」のことを事前に知り、「地域・住民が求めている期待値」と「自分の移住する目的・叶えたいライフスタイル」がマッチしているか?

このポイントを押さえたうえで移住を決断することが、地域に溶け込む秘訣なのではないでしょうか。

重要なのは現地での情報収集

地域に溶け込むためには、移住先に関する情報収集がとても大切。
情報収集といっても、様々な方法があります。

  • ネット検索
  • 現地訪問(役所・役場相談)
  • 地域住民からのヒアリング

などなど…。

地域の気温や交通手段、人口や空き家情報などの基本的な情報は、ネットで検索すれば大抵のことは調べることができます。
しかし、実際に現地に足を運んでみないと分からない情報もあります。
例えば、「冬の最低気温が○度」という情報はネットで手に入りますが、「自分にとって寒く感じるのか、意外と耐えられるのか」ということはネットでは分かりません。
さらに、「地域住民はどういう対策をして冬を過ごしているのか」等の情報が分かれば、将来そこで暮らす際の不安材料はなくなりますよね。
通ったり住んでみないと分からない情報が、現地にはたくさん転がっているのです。

現地に何度も足を運び、地域住民の生の情報を入手するには、1日よりも1週間、1週間よりも1か月、1か月よりも1年…と、情報収集と移住決断までの猶予があった方が良いですよね。

ということで、 「現地のリアルな情報を収集する」という点において、「お試し移住」はとても重要なステップになってくるのです!
曽爾村移住までのステップ

「お試し住宅」の種類と期間

「お試し移住」をする際は、その地域の「お試し住宅」などの施設を利用する場合がほとんどです。

  • 「ADDress」「LivingAnywhere Commons」などの多拠点居住サービス
  • アパート・マンションタイプ
  • 戸建て(新築)
  • 戸建(空き家利活用)

など、「お試し住宅」とされる施設の形態には全国に様々な例があります。
また、滞在可能期間も自治体によって異なり、最短1泊から受け付けているところもあれば、最大2年間のお試し移住ができる施設もあります。
そのほかにも、地域のゲストハウスに宿泊をする場合に宿泊代金を補助してくれるケースもあります。

「お試し住宅」の期間や種類は地域の施策によって大きく異なりますので、気になった地域を見つけた際は、その地域に「お試し移住」に関する制度等があるのかを必須のチェックポイントにしてみましょう!

曽爾村の「お試し住宅」について

曽爾村の移住お試し住宅「結~musubi~」は、空き家となった築80年以上の古民家をリノベーションしたシェアハウス型のお試し住宅で、最短1週間~最長1年間使用することができます。(2023年4月にOPENしました。)

おすすめの活用方法は大きく分けて3つ。

  1. 移住を検討するための生活を体験する
  2. 関係人口として滞在する
  3. 滞在しながら村内の居住用物件を探す

シェアハウス型の住宅のため、入居のタイミングで同居する方と気軽に移住に関する情報交換をすることもできます。

また「結~musubi~」では、地域住民を講師に招いて古民家暮らしに関わるワークショップを開催しており、地域住民と交流するきっかけも提供しています。
2023年度は、「家庭菜園」「植栽の剪定」「縁台づくり」「干し柿づくり」をテーマに企画し、お試し住宅を使用している方だけでなく、地域の住民や移住を検討し始めた方など、さまざまな人と繋がる場となっています。

「結~musubi~」の効果的な使い方

移住を検討されている方のニーズによって使い方はそれぞれ。
今回は、実例を交えながら効果的な活用方法を説明します!

1.くらし体験にフォーカスを当てた活用

「買い物事情」や「車移動が前提のくらし」など、新たな気づきのきっかけになったようです。

2.しごと・くらし・すまいの準備期間として活用

移住決断、退去手続き、入居手続き、ネット環境の整備など、移住を決断してからも検討しなければならないことは沢山ありますが、それぞれの時期に合わせて「結~musubi~」を移住準備拠点とされました。

3.移住後の一時的な拠点として活用

「お試し移住」といっても、実際に住民票を移すことも「結~musubi~」では可能です。
本格的に移住をして地域との関係性を築いたうえで、住民から空き家を紹介してもらうこともできるのです!

移住を検討するにあたって、「すまい」だけでなく、「しごと」や、地域での「くらし」を同時並行で検討していかなければなりません。
「お試し住宅」を自分なりに上手に活用して、移住へのSTEPを進めていきましょう!

移住お試し住宅「結~musubi~」を利用する前に

シェアハウスという形式のメリットがある一方で、他人との同居に不安を感じる方もいらっしゃるかと思います。
少しでも興味をお持ちの方は、利用申込前に一度ご相談くださいませ。
オンライン面談にて施設の説明や、現在使用されている方のご紹介をさせていただきます。
お気軽にご相談くださいね!

★ご相談前に、詳細を下記ページよりご確認いただくとスムーズです。
https://sonisummit.com/trial_house/

曽爾村移住お試し住宅「結~musubi~」の運営をしている、一般社団法人SONI SUMMITは、曽爾村の移住相談窓口として、「すまい」「しごと」「くらし」3軸で移住支援を行っています。
移住に関して気になることがあれば、いつでもお気軽にお声がけください。

===============================
■お問い合わせ先
曽爾村移住定住相談窓口:一般社団法人SONI SUMMIT
TEL|080-7208-4518
MAIL|[email protected]
===============================
各種SNSにて情報発信も行っています★
ホームページ
https://sonisummit.com/
Facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100078983101303
Instagram
https://www.instagram.com/soni_summit_official/
note
https://note.com/soni_summit
==============================