地域のトピックス

「ローカルライフを楽しもう!移住交流フェア」にアウトドアブースが出現!?

はじめまして!えひめ移住コンシェルジュの松岡です。

これから、愛媛県の情報をみなさんにお届けすることになりました。よろしくお願いします。

第1弾は2月12日(日)に東京国際フォーラムで開催された「ローカルライフを楽しもう!移住交流フェア」の模様をお伝えします。愛媛県からは地域おこし協力隊募集ブースに、県と松野町が共同出展しました。

その際の様子が上の写真なんです!

いかがでしょう?通常の移住フェアとはちょっと違うと思いませんか?

松野町は高知県堺にある山間の町で、面積の7割以上を森林が占める「森の国」。町の雰囲気を東京でも感じてもらい、リラックスして移住相談をしてほしいと、このようなレイアウトに挑戦したのです。

ehime03

椅子代わりに使っているのは、切り株に切れ目を入れた「スウェーデントーチ」。切れ目に火を入れて、薪として活用されるもので、調理や焚き火に使うのはもちろん、夜になるとトーチから漏れる明かりがほんのりと周囲を照らし、幻想的な雰囲気を演出してくれます。

写真②

火を灯さなくてもスウェーデントーチには場を暖かくする効果があるのか、2時間以上に渡ってブースでお話を聞いていかれた相談者もいらっしゃいました。ちなみに、座り心地は相乗以上に「良い」です!

松野町は愛媛県内で一番人口の少ない町ですが、だからこそ住民の距離が近く、小さな自治体ならではの柔軟な対応が特徴です。地域おこし協力隊の採用でも、着任時期を選択できるなど独自の取り組みを進めているんですよ。

愛媛で一番小さな「森の国」松野町への移住にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。町の移住相談員と一緒に、松野町との“縁結び”をお手伝いします。

============================================さて、いかがだったでしょうか。最後はちょっとだけ愛媛の方言「伊予弁」をご披露したいと思います。

「これから、愛媛×移住のホットな情報をみんなに届けるけん、楽しみにしとってね~」

えひめ移住コンシェルジュ

松原

プロフィール

愛媛県出身。転職を期に上京。WEBでの就職情報サービス、映像制作会社での事務職を経て、2018年7月より、えひめ移住コンシェルジュを務める。
地方、ライフスタイルに加え、現代アート、オーガニックなどに興味あり。

相談員から一言

瀬戸内海に面している四国・愛媛県。小説のなかの世界みたいと言われるほど、のんびりしたところが多いかもしれません。山あり、海ありのコンパクトシティ。移住者も増え、地元住民と一緒になってつくる面白い地域が増えています。一方で、まだまだ未開の地もあり、それぞれが能力を活かせる可能性があるように思います。趣味の時間も大切に、楽しむことも好きな県民性です。
ぜひお気軽に窓口へお越しください。