地域のトピックス

【宮城・気仙沼市】 ってどんなとこ?(NHK「いいいじゅー!!」8/4放送)

気仙沼港はカツオ水揚げ「25年連続」日本一!

NHKで絶賛放送中!「いいいじゅー!!」とは?

新しいライフスタイルや生き方を求め地方移住をした方々に密着するドキュメント番組「いいいじゅー!!」。過去に特番として放送され、2022年4月よりレギュラー放送となりました!こちらの番組制作に、ふるさと回帰支援センターも協力をしています。

【番組概要】
番組名:いいいじゅー!!
ナレーション:友近(芸人)
放送内容や再放送情報など、詳細は番組公式WEBサイトへ
※放送後、有料コンテンツ「NHK オンデマンド」にて2週間の配信あり

宮城・気仙沼市ってどんなところ?(8/4初回放送)

移住を通して新たなライフスタイルを模索する人々をドキュメント!東京から気仙沼に移住した若者がたった一人で起業。廃棄漁網を衣料品にリサイクル?!地元の期待を集めるが…引用元:『いいいじゅー!!』公式サイト

2022年8月4日(木)の回では、2021年夏のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」の舞台にもなった宮城県の気仙沼市を紹介予定です(BSプレミアム/BS 4K)。
気仙沼市ってどんなとこ?観光するのではなく生活する上でどんな魅力がある?どんなまちか知れば、「なぜ移住したのか」が見えてくるかもしれません。
★紹介地域のバックナンバーはこちら!

===

宮城・気仙沼市はこんなところ!

気仙沼市は、宮城県沿岸部の最北部に位置しています。夏は海風が入り扇風機で過ごせる日もある一方、冬は雪は少し降りますが雪かきをすることはほぼありません。
世界三大漁場に数えられる三陸沖に隣接しているので、気仙沼港には世界中をまわる大型漁船が集います。市内を一望できる安波山や、ツツジが一面に咲く徳仙丈山が湾を囲み、川沿いには田園風景もあります。自然に囲まれながら、水産業を中心にさまざまな産業で働く人々が暮らす、多様性のあるまちです。
また、三陸道が開通したこともあり、仙台市までの距離が2時間と近くなりました。日常生活は海と山に囲まれた生活を、週末には仙台市へお買い物に行く、そんな両方を楽しむ生活が送れます。

養殖も盛んな気仙沼市。唐桑半島の様子

生活・交通環境について

地元スーパーだけではなく大型スーパーもあり、買い物に不便することはありません。移動手段は車がメインで、1人1台持つのが一般的です。
公共交通機関は、気仙沼市と岩手県一関市を結ぶ大船渡線や、東日本大震災後BRT(バス高速輸送システム)に切り替わった気仙沼線があります。BRTは、一部区間ではバス専用道路が整備されているため、渋滞などの遅れも少なく、通勤・通学で使うにあたっても安心です。

しごと・就職関連情報

漁船の一大基地である気仙沼港周辺の水産業をはじめとして、農林業、商業も盛んです。
ハローワーク気仙沼のほか、みやぎシゴトサポート気仙沼、女性就業支援センター等、就職支援も充実しています。

「おかえりモネ」主人公モネの勤務先ロケ地:気仙沼市まち・ひと・しごと交流プラザ(ドラマ内では「海のまち市民プラザ」)

医療・福祉について

気仙沼市立病院をはじめ、約50の病院・診療所があります。気仙沼市立病院には産婦人科もありますので、子育てに安心できる環境があります。

子育て・教育環境について

市内には小規模保育所3施設、認可保育所12施設、認定子ども園1施設、幼稚園9施設、小学校14校、中学校11校、高等学校5校、特別支援学校1校があります。
気仙沼市では、誕生祝金の支給や3歳から5歳までの保育料の無償化、18歳までの医療費負担ゼロなど子育て世帯の支援が充実しています。

交通アクセス

<新幹線+電車>
東京駅から一関駅まで東北新幹線で約2時間。一関駅から気仙沼駅までJR大船渡線で約90分
<夜行バス>
池袋駅から気仙沼市役所前まで約7時間
<車>
東京から仙台まで東北自動車道で約4時間30分、仙台から気仙沼まで三陸自動車道で約2時間

その他気仙沼市の注目ポイント

気仙沼市では、「半島」、「島」、「内湾」など海の生活といっても選択肢がたくさんあります。どんな海の生活をしたいのか、まずは現地に見学に行ってみてはいかがでしょう。気仙沼市移住・定住支援センター「MINATO」のスタッフが、どんな地域でどんな生活をしたいのか、お一人おひとりに寄り添ってご相談に応じます。

気仙沼MINATOのスタッフが温かく迎えますのでお気軽にご相談ください!

また、東京交通会館の地下1階には、朝ドラの舞台となった宮城県気仙沼市(「おかえりモネ」)、岩手県久慈市(「あまちゃん」)、福島県福島市(「エール」)の合同情報発信センター「おかえり館」があります。特産品の販売などもしていますので、こちらもぜひお立ち寄りください!

関連サイト

・気仙沼市移住情報サイト「MINATO」

宮城県の移住相談をするなら「ふるさと回帰支援センター」へ!

東京・有楽町に構える移住相談センター「NPO法人ふるさと回帰支援センター」(東京交通会館8階)では、全国各地域の移住情報を豊富に揃えています。さらには各地域の専属の移住相談員も多数在籍していますので、「いいいじゅー!!」で紹介された宮城県をはじめとする地方移住についてお考えの方は、ぜひお気軽にご相談下さい。
センター内にはハローワークも併設しているので、地方での就職・転職の相談や求人情報の閲覧も可能!移住相談とあわせてご利用下さい。なお、宮城県には就職相談員もおります。

みやぎ移住サポートセンター

TEL:090-1559-4714
miyagi@furusatokaiki.net
※電話が繋がらない場合はセンター代表番号(03-6273-4401)までご連絡ください。
ふるさと回帰支援センター定休日:毎週月曜、祝日
※上記の他、窓口ごとの定休日等の詳細はこちらのページをご覧ください

\地域未定の方や漠然とした相談もOK!/

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、対面での相談をご希望の場合は【事前予約】をお願いしております。

たくさん移住情報を集めてお待ちしています!

■所在地
東京都千代田区有楽町2-10-1
東京交通会館8階(ふるさと回帰支援センター内)
交通アクセス・フロアマップ
営業時間:10:00~18:00
※上記の他、窓口ごとの定休日等の詳細はこちらのページをご覧ください

■移住相談をご希望のみなさまへ
対面の他、オンライン(Zoom)、電話での移住相談もお受けしております
新型コロナウイルス感染症対策のため、センター内ではマスクの常時着用をお願いしております。その他手指の消毒や検温の実施など行っております。詳しくはご来館前にこちらのトピックスをご確認ください。

(※この記事の情報は全て2022年8月時点のものです)

みやぎ移住サポートセンター 移住・就職相談員

小山・阿部・小林

プロフィール

小山(左):京都府京都市生まれ。札幌、東京で育つ。電機メーカーの人事総務部門で勤務していた1999年から約7年間、宮城県仙台市で家族と共に暮らす。以来、宮城県ファンに。定年退職後は自治体での福祉就労支援事業に従事し、2022年4月より現職。

阿部(中央):東京都出身。前職はメーカーの営業部門管理を主業務に、従業員のキャリアカウンセリングを担当。2011年に東日本大震災が発生した際は自社工場も被災する中、担当部門の責任者として応急仮設建設の支援に携わった。それ以来自称「東北応援団」へ。民間企業で培った経験を活かし「移住を通じた東北支援」をライフワークにしたいと思い、2021年1月より相談員として着任。

小林(右):群馬県伊勢崎市出身。高校卒業まで伊勢崎市で過ごす。大学進学を機に上京し、研究活動で出会った宮城県栗原市に魅了され、地域おこし協力隊制度を活用してIターン。ジオパーク推進業務として、ツアーの企画や特産商品の開発をメインに、広報宣伝活動や地域資源の発掘等に携わる。2020年4月より「みやぎ移住サポートセンター」にて相談員として着任。

相談員から一言

小山(左):宮城県は東京圏からのアクセスも良く、県内でも仙台からほんの少し足を延ばしただけでのどかな自然と触れ合える環境です。夏のキャンプや冬のスキーといった四季折々のアウトドアのレジャーの他、ジャズやクラシック音楽、歴史散策等の楽しみも多く、のびのびした生活が送れるのも魅力。宮城での新しいライフスタイルの実現に向け、ぜひ私たちにお手伝いをさせてください。

阿部(中央):個性豊かな町が点在する宮城県。米、魚介、肉、野菜、果物…美味しいものに事欠かない宮城県。どの町も、四季折々の美しい風景の中に、ゆったり優しい時間が流れています。さあ、あなたはどの町を拠点に宮城県の暮らしを満喫しますか?お気軽にご相談ください。

小林(右):宮城には、お米、せり、ホヤ、牡蠣、れんこん等たくさんの美味しいものがあります。また、少し車を走らせると山間部や沿岸部があり、お買い物も楽しめる都市部もあるので、とても過ごしやすい環境です。美味しい食べ物に囲まれながら、お好きな環境で暮らす宮城での生活はいかがでしょう。地域の方々と「お茶っこ会」を開きませんか?少しでも気になることがあればぜひ窓口まで!