地域のトピックス

吉野川市地域おこし協力隊募集

うるおいと利便性が共存した住みよいまち・吉野川市

吉野川市は利便性の高い鴨島地区、伝統的な工芸品「阿波和紙」が継承されている山川地区、ほたると梅酒の里・美郷地区、市の中心に位置する川島地区の大きく4つに分かれます。
雄大な自然と平野部の都市機能、うるおいと利便性が共存した住みよいまちです。

吉野川市では地域住民等と一緒に地域資源を活用した取組みを推進するため、次の業務に取り組んでいただける地域おこし協力隊を募集します。

【業務概要】
総合型地域スポーツクラブの事業及びスポーツを中心とした地域の活性化に関する業務(募集人数:1名)

【応募受付期間】
令和4年4月1日~令和4年8月31日

◆応募資格、手続き等詳細はこちらからご確認ください。
https://www.city.yoshinogawa.lg.jp/docs/2021102800020/

◆吉野川市で活動する地域おこし協力隊員
吉野川市地域おこし協力隊活動紹介①
吉野川市地域おこし協力隊活動紹介②

【提出先・問い合わせ】
〒776-8611
徳島県吉野川市鴨島町鴨島115番地1
吉野川市総務部 市長公室 総合戦略係
担当:松村・住友
TEL:0883-22-2203
FAX:0883-22-2244
メールアドレス:m-koushitsu@yoshinogawa.i-tokushima.jp

住んでみんで徳島で!移住相談センター とくしま移住コンシェルジュ

村社

プロフィール

島根県安来市出身。高校卒業後、島根県内で就職。旅行で訪れた徳島県三好市で駅のホームから見える山の高さに驚く。同じ田舎でもなだらかな山が続く地元と、険しい環境での暮らしの違いは何か興味を抱き始める。
地方暮らしのサポートを通じて徳島県の魅力を発信するため、2021年4月からとくしま移住コンシェルジュを務める。

相談員から一言

徳島県は都市部の東部、マリンスポーツが盛んな南部、秘境のある西部の3つに大きく分かれています。関西や四国三県へのアクセスも良く、山も海もある自然が豊かで温暖な地域です。
そうかと思えば通信環境は日本屈指、都市と地方を結ぶサテライトオフィスの開設数は国内トップクラスという、これまでのイメージを変えてしまう意外な一面もあります。
バラエティーに富んだ徳島県での暮らしについて、是非一度ご相談下さい。