地域のトピックス

山形に住めば常識!山形県のさくらんぼ文化&生活あるある

言わずと知れた山形を代表する食べ物と言えば!
そう、さくらんぼ、ですよね。

ルビーのような赤い双子の実は、昔から「赤い宝石」とも呼ばれています。
ビタミンやミネラル、鉄や葉酸、ポリフェノールが含まれ、貧血や美肌にも良い、
女性に嬉しい果物でもあるんですよ。

全国の生産量の約8割は山形県で生産されていて、その産出額は約380億円。
さくらんぼ農家さんは7000戸近くもいるんだそう!(R2時点)

旬の時期は、スーパーや産直はもちろん、給食やお弁当にもさくらんぼ。

そんな山形県民の生活から切り離すことができない、
さくらんぼにまつわる
“さくらんぼあるある”をご紹介します。

さくらんぼ狩り ならぬ さくらんぼ収穫アルバイト

さくらんぼの収穫期と言えば、毎年6月上旬から7月中旬頃までの短い期間。
農家さんは、そのたった1~2か月の短い期間に、
1年分の年収を稼ぐと言われるほど、大忙しになります。

そんな、寝る間もないほど忙しい6~7月の収穫期は、
各農園でのさくらんぼの収穫・箱詰めアルバイトの大募集が始まります。
そして町中の主婦の方たちがさくらんぼ農家に結集、大活躍します。

県外から、さくらんぼ狩りではなく、さくらんぼの収穫アルバイトに来る方もいます。
初心者でも、経験豊富な農家さん達が教えてくれるので大丈夫。

5~6月に「おいしい山形で働きませんか」のサイトをチェックすると、様々な農園の求人が出てきますよ。
興味のある方はぜひチャレンジを!

山形の金髪ユーチューバー・はるべちゃんのYoutubeチャンネル「金髪物語」で
さくらんぼの収穫の様子も紹介されています♪
43話 【ぶっとび農園物語】朝5時さくらんぼ収穫!そして箱詰め作業

山形県民はほぼ、さくらんぼソムリエ

さくらんぼは、実はこれだけの種類があって、
果実の硬さや甘み、酸味、出荷時期がそれぞれ違うんです。

佐藤錦(さとうにしき)
紅秀峰(べにしゅうほう)
紅さやか(べにさやか)
紅てまり(べにてまり)
紅きらり(べにきらり)
紅ゆたか(べにゆたか)
南陽(なんよう)
ナポレオン etc…

山形に住んでいると、自然とさくらんぼを食べる機会が増えてきますが、
長く住むと、一口食べて

「かいづあまごいんなは、佐藤錦だな~」(これは甘みがあるから、佐藤錦かな)
と、種類が当てられる能力が身につきます。

その姿はまるで、さくらんぼソムリエ。
山形に移住する方も、徐々にそうなっていくかもしれません。

山形県民の口ぐせは、「さくらんぼなんて、買ったことがない」

6-7月に山形にいると、こんな事が良くあります。

農家の知り合いから…
「売らんねやづ、もってげは~」
(売れない規格のさくらんぼ、よかったら持って行ってね)
会社から…
「お客さんからもらったな、持って帰れ~」
(お客様に頂いたので、持ち帰ってくださいね)
近所の人から…
「少しばりだげど、ける~」
(少しばかりですが、差し上げます)
友達から…
「いっぱいあっから、もらってけろ~」
(たくさんあるから、あげるね)

こんな風に、その短い期間に、どこへ行っても誰と会っても、さくらんぼを頂きます。
そのイメージがこちらです。

食べきれないほど…!
これが、山形県民が「家で食べる分のさくらんぼを買ったことがない」理由です。

さくらんぼを死ぬほど食べてみたい!という方は、
山形に住めば、きっと夢が叶うでしょう。

さくらんぼ 意外な保存方法

毎年食べきれないほどのさくらんぼを貰う、という山形あるあるを紹介しましたが、
「もう、たべきれない~!」となった時におすすめの、さくらんぼの長期保存方法があります。

私のおすすめは、カルピス漬け。冷凍し、夏に水で溶かすと美味しいですよ。

・さくらんぼのカルピス漬け
・さくらんぼのシロップ煮

さくらんぼ愛をファッションで「さくらんぼーし」

2014年、山形県知事がさくらんぼ帽子を被り、Yahooニュースで取り上げられ話題になりました。
(記事)山形県知事、サクランボ頭で訓示

それ以降「さくらんぼーし」は「かわいい」「ふかふかして気持ちいい」と大人気。
既に6000個以上売り上げ、山形県の定番ファッション?になりつつあります。
意外と値段もお手頃なので、ぜひお試しください♪

(楽天)さくらんぼーし
(ふるさと納税)さくらんぼーし


県庁では顔ハメもできるよ。

山形のさくらんぼ文化を少し、知って頂けたでしょうか。

この他にも、2013年から、年に一度さくらんぼ祭りが開催され、
そこでは、さくらんぼプレゼント、流しさくらんぼ、さくらんぼ種とばし大会、
さくらんぼスイーツ対決、さくらんぼ体操コンテスト、大鍋さくらんぼすくい
…などなど、さくらんぼ愛あふれるイベントが行われていました。

2020年から中止が続いていますが、再開したらぜひ、行ってみたいですね。

さくらんぼ好きな方の移住のご相談、
さくらんぼ農家になりたい方のご相談も、随時受け付けていますので、
興味のある方はぜひ、窓口までご連絡ください🍒

「やまがたハッピーライフ情報センター」移住コンシェルジュ

多田・斎藤

プロフィール

多田:山形県山形市出身。大学卒業後、都内企業に就職、その後山形県にUターン。東日本大震災支援団体、若者支援団体、山形県の移住相談を経て、2020年4月からふるさと回帰支援センター内、「やまがたハッピーライフ情報センター」の移住コンシェルジュに着任。

斎藤:山形県新庄市出身。高校卒業後、大学進学のため上京。その後就職、結婚、子育てと東京での暮らしを送る。コールセンターや企業のお客様相談室で、お客様対応や新人研修業務を経験し、2021年5月より移住コンシェルジュに着任。

相談員から一言

多田:山形県は、気軽にアウトドアを楽しめる自然環境に加えて、大型遊具施設や子育て支援制度が充実しており、安心してゆったりと子育てしやすい環境が人気です。また、すべての市町村に温泉があるため、日常的に日帰り温泉へ行くことができるほど温泉に恵まれた県でもあります。食べ物も全国一の生産量を誇るさくらんぼを始め、果物、お米、海の幸、山の幸など、最高に美味しいものばかりです♪ちょっとシャイで控えめだけど、世話好きで、優しい県民性も魅力の一つです。山形での暮らしにご興味のある方は、ぜひ「やまがたハッピーライフ情報センター」に相談にお越しください!

斎藤:慌ただしい日々のなかで時折思い起こすふるさと・新庄盆地から眺める鳥海山の雄姿、黄金色に輝く稲穂の波は私の心のオアシスです。このたび、ふるさとにかかわる仕事に携わることができてとてもうれしく思います。四季折々の豊かな自然、美味しい食べもの、心温かな人々が暮らす山形の魅力をお伝えし、相談者様のお役に立ちたいと思っています。