地域のトピックス

冬の三大スターに会いに行こう

                                                                                           オオワシ: イラストレーター Buusan

琵琶湖の目の前に広がる湖北水鳥公園(滋賀県長浜市湖北町)には一年を通して多くの野鳥が訪れます。湖北野鳥センターからはフィールドスコープで水鳥を身近に観察できるほか、専門員が鳥や自然についてわかりやすくご説明します。
秋から冬にかけては、オオワシオオヒシクイ(いずれも国の天然記念物)コハクチョウ、などの渡り鳥がやってきて、琵琶湖の美しい夕陽とともに訪れる人々を魅了しています。

中でも人気ナンバーワンはナントいってもオオワシ!1998年以来、ロシア東部のオホーツク沿岸方面からやってくる毎年一羽のオオワシ(メス)。越冬のため湖北に渡ってきます。山本山(長浜市湖北町)をねぐらにして、おそらく国内最高齢で、「山本山のおばあちゃん」として人気を集めています。この姿を一目見たいと思うファンも多いそうです。山本山のおばあちゃんは、毎日1、2匹の魚を捕って食べています。最も多いのがブラックバスとか!湖北はたくさんの野鳥がいるまさに野鳥の楽園です。

コハクチョウ/ 湖北夕景 写真提供:(公社)びわこビジターズビューロー

↑これはこの年末に琵琶湖の水位が下がった際、琵琶湖の奥の州(湖北町)まで道が現れた風景を撮ったものです。普段は島まで道がなくて歩けないのですが、道が現れて島まで行くことができます。琵琶湖のモンサンミッシェル?とでも言うのでしょうか。

竹生島

※1/15付けの中日新聞 滋賀版の「ふるさとのたからもの」に
冬の湖北野鳥センターが紹介されています。
★★湖北野鳥センター★★
★★滋賀暮らし★★

しがIJU相談センター 移住相談員

池田

プロフィール

滋賀県長浜市出身。高校卒業まで滋賀県内で暮らす。進学を機に滋賀県を離れ、卒業後航空会社に就職。国際線勤務に携わる。退職後、2017年7月よりしがIJU相談センターの相談員をつとめる。

相談員から一言

~Mother Lake..母なる湖・びわ湖…あずかっているのは、滋賀県です~
この言葉からもわかるように滋賀の奥ゆかしい人柄がうかがえるキャッチフレーズが、私は好きです。滋賀の魅力は、琵琶湖だけではありません。豊かな自然に恵まれると共に、大都市へのアクセスの良い便利な暮らしができます。田舎と都市が共存している滋賀をもっと知りたい方、ご興味がある方は、是非、お気軽にしがIJU相談センターにお立ち寄りください。