地域のトピックス

福井県丹南エリア(鯖江市・越前市)で「産地の合説」開催。

丹南エリアで採用を考える工房・企業が集う「産地の合説」開催!

就活の現場に合説があるように、ものづくりの就活にも「合説」があっていいんじゃないか。
そんな思いで始まったのが産地の合説
漆器や眼鏡、和紙・・・。ここ福井県丹南エリアは、半径10㎞圏内に7つの伝統工芸等の
地場産業を有する国内でも有数の『ものづくりのまち』。

産地にはここ数年で100名以上の移住者が集い、多くの若い人達がものづくり
ものづくりに関わるデザインなどのクリエイティブの領域で仕事に取り組んでいます。

そんなものづくりのまちで3回目となる「産地の合説2022」を、下記のとおり開催します。
■日程:2022年2月13日(日)~15日(火)
■開催地:福井県丹南エリア(鯖江市・越前市
■内容:産地や企業への理解を深める、以下のようなプログラムを実施予定
・産地の企業を巡る「産地ツアー」
・先輩移住者から暮らしの実態を聞く「働き方・暮らし方トーク」
・1日を通して働くイメージと結びつける「一日就業体験」
・多種多様な産地企業を知ってもらう「企業説明会」など
■参加企業:9社
・有限会社井上徳木工(木工) ・丸廣意匠(漆器) ・RYOZO-柳瀬良三製紙所(和紙)
・株式会社キッソオ(眼鏡) ・株式会社乾レンズ(眼鏡) ・株式会社サカエマーク(印刷)
・酒伊織職株式会社(繊維) ・株式会社山謙木工所(木工) ・株式会社越前セラミカ(瓦)
■募集対象:主に就職活動中の学生、社会人を中心に年齢・職種問わず全国から募集
■参加定員:14名
■参加費:無料。さらに、交通費支給と宿泊場所を提供します。
*交通費支給の上限は、30,000円。*食事代は個人負担。なお、宿泊施設内にキッチン完備。
■応募条件:18歳以上の方。
■申込み:申込みはこちらのフォームよりお願いします。(申込み期限:1月23日(日)

以上、詳細は下記にてご確認願います。
■運営:RENEW実行委員会
■お問合せ:info@renew-fukui.com
「産地の合説」サイト産地の合説2022 | RENEW 2021 (renew-fukui.com)
*上記サイトに申込フォームも用意してあります。

なお、「産地の合説」の事前オンライン説明会も下記のとおり開催します。
こちらも参考にしてください。
■日時:2022年1月19日(水)19:00~21:00
■登壇予定:「産地の合説」参加企業9社(上記のとおり)
■お申込み:メールまたは以下のSNSからDMでご連絡ください。
・E-mail:info@renew-fukui.com
・SNS: Instagram /Twitter / facebook
■料金:無料
■お問合せ:info@renew-fukui.com
*お申込みいただきましたら、参加用URLをご案内します。

福井暮らすはたらくサポートセンター(福井Uターンセンター) 移住相談員

神林

プロフィール

東京都文京区出身。「地方自治の振興に寄与する」ことを基本理念としていた出版社に勤務。企画部門時代に、47都道府県の各地で地域振興に関わる仕事を経験。その後、表参道で新潟県の移住相談を務め、2018年4月から現職に就く。

相談員から一言

「全47都道府県幸福度ランキング」にて、2014年、2016年、2018年と3回連続「幸福度日本一」となった福井県。これら3回の評価のもととなっている地域力と県民力こそが、他県と一味違う「ふくいの魅力」です。
自慢の海、山、川、里、雪などの天然自然の恵み、ものづくり力や“生”活力など、17市町の個性ある暮らしを皆さんの眼と身体で感じてみてください。