地域のトピックス

橋本市・10/28(土)開催!はしっこ暮らし体験会

県北東端・橋本市から届いた移住体験会のお知らせです。
北は大阪府河内長野市、東は奈良県五條市に接している橋本市。
南海電車で大阪・なんばまで約40分!市の中心部には大型スーパーや総合病院などの生活インフラも整っていて便利です。一方で、豊かな自然がしっかりと残っていて、都会暮らしと田舎暮らしの良いとこ取りができる地域です!

今回企画されている体験会では、移住コンシェルジュが市内をぐる~っと地域案内してくれて、ランチはIターンした濱本さんご夫婦が起業した石窯パン店で!濱本さん以外にも、橋本市に移住した方々が集まってくれるので、直接移住の実体験を聞きながら、移住のイメージを膨らませられると思います。

申込期間は8/28(月)から10/13(金)まで。定員は15名程度で先着順なので、ご興味のある方はお早めにお申し込みください(詳細は橋本市ホームページからご確認を!)。

★今回、交流が予定されている移住者さんのインタビュー記事を「橋本市定住移住情報サイト」から発見!こちらもあわせてご覧ください★
①濱本さん(石窯パン店を起業)http://kikakhsy.wixsite.com/teijyu/senpai1
②西村さん(就農)http://kikakhsy.wixsite.com/teijyu/senpai3

-----------------------------
\わかやま暮らしのご相談は、わかやま定住サポートセンターまで/

03-6269-9883 ✉wakayama1@furusatokaiki.net(月曜・火曜・祝日定休)
和歌山移住ポータルサイト【WAKAYAMA LIFE】もご覧ください。

わかやま定住サポートセンター 移住アドバイザー

角田

プロフィール

福岡県北九州市出身。小学校入学のタイミングで和歌山県和歌山市に引っ越し、それ以降、和歌山県内で暮らす。2016年4月より和歌山県職員。「ふるさと回帰支援センター」内の「わかやま定住サポートセンター」に移住アドバイザーとして21年4月に着任。
好きな寿司ネタはマグロ。おにぎりの具はツナマヨが大好き。実はマグロが有名な県で、県の魚に選ばれるほどなんです!

相談員から一言

今、和歌山が熱いんです!2020年には当センターの移住希望地ランキングのセミナー部門で第1位になりました。21年度中に串本町で民間ロケットの発射も予定されており、今、全国的に注目されている熱い県、それが和歌山です。
本州最南端の潮岬がある和歌山は黒潮の影響を受け非常に温暖な気候です。気候が温暖ならば人もあたたかい。そんな和歌山で”和み”暮らしを満喫しませんか?ぜひわかやま定住サポートセンターまでお気軽にお越しください。