地域のトピックス

さあ始めよう!半島留学

和歌山県は日本最大の半島・紀伊半島に含まれています。
紀伊半島のはしっこ、本州最南端・串本町にある県立串本古座高校では、今年度から生徒の全国募集を始めました。
今年4月、県外から新天地・串本で学びを始めた学生は3名。2名が神奈川県から、1名が大阪府からの入学です。

2年次から、アドバンスコース、グローカルコース、クリエイティブコースに分かれて学習しますが、全国募集を実施しているのは【グローカルコース】。
グローカルコースでは、マリンスポーツや海洋環境、水産生物探究など、串本周辺の地域性を活かした、ここでしか学べない科目が開設されています。

現在、全校生徒数は約290名。
少人数だからじこそ、きめ細やかな指導が受けられます。
また、全国募集にあたって、地域のバックアップ体制もバッチリ。
学校見学も随時受け付けているようなので、ご興味のある方は県立串本古座高校HPをご覧になってください。

\学校見学の前に、まずは説明会に行ってみませんか?/
東京・名古屋で学校説明会が開催されます。まずは、最寄りの説明会に参加し、情報収集してみましょう!
【東京】8/20(日)10:00~@東京交通会館地下2階・第二会議室A
【名古屋】8/19(土)14:00~@中日ビル6階・第一会議室

-----------------------------
\わかやま暮らしのご相談は、わかやま定住サポートセンターまで/

03-6269-9883 ✉wakayama1@furusatokaiki.net(月曜・火曜・祝日定休)
和歌山移住ポータルサイト【WAKAYAMA LIFE】もご覧ください。

わかやま定住サポートセンター 移住アドバイザー

角田

プロフィール

福岡県北九州市出身。小学校入学のタイミングで和歌山県和歌山市に引っ越し、それ以降、和歌山県内で暮らす。2016年4月より和歌山県職員。「ふるさと回帰支援センター」内の「わかやま定住サポートセンター」に移住アドバイザーとして21年4月に着任。
好きな寿司ネタはマグロ。おにぎりの具はツナマヨが大好き。実はマグロが有名な県で、県の魚に選ばれるほどなんです!

相談員から一言

今、和歌山が熱いんです!2020年には当センターの移住希望地ランキングのセミナー部門で第1位になりました。21年度中に串本町で民間ロケットの発射も予定されており、今、全国的に注目されている熱い県、それが和歌山です。
本州最南端の潮岬がある和歌山は黒潮の影響を受け非常に温暖な気候です。気候が温暖ならば人もあたたかい。そんな和歌山で”和み”暮らしを満喫しませんか?ぜひわかやま定住サポートセンターまでお気軽にお越しください。