地域のトピックス

滋賀県愛荘町 地域おこし協力隊「つながりを生む、マーケットを創る」ためのコーディネーター募集中!

彩り豊かな自然と美しい水辺の町、滋賀県愛荘町は、琵琶湖の東・湖東地域に位置していて、鈴鹿山脈が雄大にそびえ、田園風景が気持ちよく広がっている町です。大阪、京都、名古屋まで車で1時間強で行くことができます。名神高速道路のスマートインターチェンジ(湖東三山SIC)もあり、とても利便性の高い町です。鈴鹿山系からの豊かな清水と自然に恵まれ、古くから水との関わりが深く、農業をはじめさまざまな産業が発展してきました。繊維工業やお菓子作りなども盛んにおこなわれています。「近江上布」という国の伝統的工芸品に指定されている麻織物をはじめ、飲料系メーカーやパルプ系メーカーも立地しています。秋になると色鮮やかに本堂が染まる湖東三山の古刹金剛輪寺、旧中山道、愛知川宿の面影を残す町並みなど、歴史と文化を伝える文化遺産もあふれています。

 

 

 

 

つながりを生む マーケットを創る

令和3年度から「みらいの愛荘町を創っていく」ための大型事業を開始しました。
このコンセプトのもと、町の新たな魅力を創るためのコーディネーターを募集します。
・つながりを生むってどういうこと?
・マーケットを創るって、、、楽しそう!
・愛荘町ってどんなところ?
などなど、少しでも「ん?」と思われた方、まずは一度お話ししてみませんか?

詳しくは、町が募集業務を委託している「一般社団法人Next Commons Lab」のプロジェクトページをご覧ください。皆様とお話しできることを楽しみにしています!
http://project.nextcommonslab.jp/project/coordinate-aisho/

【募集期間】令和4年3月31日まで
【募集内容】今回募集するコーディネーターは、地域においてゼロから、起業のためのプラットフォームと新しいコミュニティの立ち上げ、運営を行います。地域の中の既存コミュニティや行政、企業など様々なステークホルダーとの関係を築き、調整を行い、課題に対処していくことが求められます。そうした状況の中で起業家のインキュベーションをする傍ら、自らも独自の事業開発をしたり、新しいプロジェクトを立ち上げるなど、できることは幅広く、多くの可能性に満ちたキャリアになることでしょう。
【具体的な業務】
・拠点施設の企画、運営
・地域資源、観光素材の発掘、企画、コンサルティング
・商品開発、販売促進
・各種制作業務(ウェブ、パンフ、プロモーション素材の作成など)
・事務局業務(営業、経理、広報など)

 【愛荘町移住・定住ポータルサイト】
https://www.town.aisho.shiga.jp/iju/index.html

金剛輪寺の紅葉 写真提供:(公社)びわこビジターズビューロー

しがIJU相談センター 移住相談員

池田

プロフィール

滋賀県長浜市出身。高校卒業まで滋賀県内で暮らす。進学を機に滋賀県を離れ、卒業後航空会社に就職。国際線勤務に携わる。退職後、2017年7月よりしがIJU相談センターの相談員をつとめる。

相談員から一言

~Mother Lake..母なる湖・びわ湖…あずかっているのは、滋賀県です~
この言葉からもわかるように滋賀の奥ゆかしい人柄がうかがえるキャッチフレーズが、私は好きです。滋賀の魅力は、琵琶湖だけではありません。豊かな自然に恵まれると共に、大都市へのアクセスの良い便利な暮らしができます。田舎と都市が共存している滋賀をもっと知りたい方、ご興味がある方は、是非、お気軽にしがIJU相談センターにお立ち寄りください。