地域のトピックス

台風の季節の前に備える ~大分県の取り組み~

災害に備える
~おおいたマイ・タイムライン~

9月は「防災の日」からはじまり、「救急の日」もあります。台風が心配な季節でもありますね。大雨や台風から身を守るためには、自分が住む地域の災害リスクをあらかじめ知っておくこと、防災気象情報をもとに素早くかつ適切な時に避難することが必要となります。

そのための備えとして、自分が住んでいる地域に洪水や土砂災害等の危険があるか、ハザードマップで調べている方は多いと思います。普段ご相談でも「ハザードマップはありますか?」とよく聞かれますが、大切なのは実際の行動に移せること。最寄りの避難所や避難経路を調べて実際に歩いてみたり、自分や家族の行動を決めておいて、みんなが知っておくとよいですね。

大分県では、県民のみなさんが事前に避難行動計画を立てられるよう、「おおいたマイ・タイムライン」を作成しています。非難するときに必要なものの備えや、大雨や台風の接近によって浸水害や洪水、土砂災害などが発生する危険性が高まった時に避難を始める基準(=避難スイッチ)をオンにするタイミングなど、これらを時系列であらかじめ整理しておく「自分自身や家族の避難行動計画」、それが「マイ・タイムライン」です。

「おおいたマイ・タイムライン」のシートやガイドブックは、大分県のHPに掲載されています。移住されたらこれを参考に、いざというときに、あわてず焦らず適切な避難行動ができるよう、ご家族や地域の方々など、みんなで話し合ってぜひ、ご自身の「マイ・タイムライン」を作成してみてはいかがでしょうか?

※「おおいたマイタイムライン」については、こちらのURLをご覧ください。
https://www.pref.oita.jp/…/bosaitaisaku/oitamytimeline2.html

※大分県の移住相談はこちら。
おおいた暮らし相談窓口 https://www.furusatokaiki.net/consultation/oita/

おおいた暮らし 相談窓口 移住コンシェルジュ

砂田

プロフィール

神奈川県鎌倉市生まれ。大分県出身の夫の転勤により2年間の海外暮らし。帰国後は秘書や大分県東京事務所での観光案内の仕事を経て、移住コンシェルジュに着任。

相談員から一言

海あり山あり温泉ありの大分県。名前の知られた観光地ばかりでなく、多様な地形と気候、豊富な種類の食材などによって、各地に魅力が散らばっています。
おおいたでの新しい暮らしの第一歩を踏み出してみようかなと思ったら、お気軽に立ち寄ってみてください!