地域のトピックス

笠岡諸島「六島」では小学生のお子さんがいる移住者さん募集中!

笠岡諸島にある離島、岡山県最南端である「六島(むしま)」では、子育て世帯の移住者(特に小学生)を募集しています。島民50人ほどの瀬戸内海にある離島で子育てをしてみませんか?
詳しくはこちら!!(六島まちづくり協議会のHP) →子育て環境・島の取組など詳しく書かれています。

どうして子育て世帯(小学生のお子さんのいるご家庭)を希望しているの?
実は六島には、今島内に住んでいる小学生が、なんと1人なんです(因みに中学生は2人)。彼に同世代のお友達をつくりたい!!
また、少人数教育を実施しており、自然豊かな環境でお子さんと向き合った子育てを実現したい方を応援したい!という想いがあります。
YouTubeに出演!とても明るくて元気な子です!

六島のアクセスなどについてはこちら!! (六島/またたび笠岡)
六島のYouTube「六島ユーチューバー化計画」:素晴らしい島の景色や島に伝わる祝い唄なども実演!
☆2021年8月14日(土)12:00~15日(日)12:00まで、24時間YouTubeライブを実施!


\六島担当職員さんに聞きました!!/
~六島移住!こんな方がおすすめ!~

・小学生の子どもがいる。
・子どもとひとりずつ向き合った教育環境を希望。
・親御さんもお子さんとしっかり向き合いたい。
・人と自然と共存したい。
・離島の不便さを楽しめる!釣りや半自給自足などに興味がある!
(家庭内で食べるぶんの魚を釣るぶんには問題ないそうです。)
・市街地の便利な暮らしには興味がない。コンビニがなくても平気!
・島民みんな顔見知り!のような密な人間関係を希望
(人情に厚く面倒見の良い島民が待っています!)
・ちなみに・・・車がなくてもOK。島内は自転車や徒歩でまわれます。

気になる方は、岡山県担当相談員までお問合せください。
笠岡市の六島担当職員さんとオンラインで繋ぐこともできます!!

おかやま晴れの国ぐらし IJUアドバイザー

金子

プロフィール

両親の地元は神奈川県。転勤族で、新潟県に生まれ、石川県や静岡県など転々とし、現在は都心部在住。福祉系大学卒業後、老人保健施設相談員、居宅支援事業所のケアマネジャー等福祉関係の仕事に従事していた。数年前に旅行で訪れた岡山に魅了され、何度も訪れるようになる。将来は移住を検討中。

相談員から一言

初めて岡山を訪れた時、早朝の静かな川に映る朝日を見てここで毎日朝を迎えたいと感じました。瀬戸内海に沈む夕日、豊富な魚介類や果物、丁寧に作られた布商品や焼き物、美しい星・・・岡山は、訪れる度新しい発見・魅力が溢れる場所です。自然や美味しいものに囲まれ心豊かな生活をしてみませんか?まずは窓口に気軽にお越し下さい。