地域のトピックス

鳥取県への移住と鳥取県職員採用試験

鳥取県職員採用試験、氷河期世代チャレンジ枠の申込み締切がまもなくです!7/26(月)までで、郵送の場合は7/26消印有効です。
移住をお考えの方は、ぜひ鳥取県庁で公務員として働くことも視野に入れてみてはいかがでしょうか?^^
詳細はこちらhttps://www.pref.tottori.lg.jp/297790.htm

移住を考え始めた方からの相談で一番多いのが、鳥取県はどんな仕事がありますか?というご相談です。都会から離れ、地方に移住しても、それなりにお金はかかります。田舎=生活費が安いと思われる方もいるかもしれませんが、意外と安くはないかな~と思います。
鳥取の場合は、日本海側に面しているため特に冬は冷たい海風が吹き荒れ、気温はマイナスまで下がります。本当に本当に寒い。。。朝はお布団から出たくない度MAXです><
なので、冬は雪が降る豪雪地帯となり、今年2021年の1月はもの凄い雪が積もりました☃💦今年は県内の皆さん、雪かきが大変そうでしたね。。

また、車社会なので、県民は大体1人1台車を所持しています。その理由は、電車の本数が少なく、移動の利便性や時間を考えると、やっぱり車が必要になります。
よって、暖房費、ストーブ等の石油代に加え、スノータイヤ、ガソリン代等々生活費は一定金額かかります。

仕事が決まっていれば、移住後に焦って仕事を探す必要がないので、気持ち的に少し安心ではないでしょうか。
ぜひ、この機会にご応募下さい♬

 

とっとり暮らしサポートセンター 鳥取県専属相談員

浜田

プロフィール

2018年4月より鳥取県の相談員として勤務しております。高校まで鳥取におりまして、大学で一時離れましたが、卒業後再び鳥取に戻りました。地元で働いていたこともありますし、関東方面で仕事をしていたこともあります。
この経験から、田舎のよさや、都会の便利さを比較しながら、鳥取移住を応援したいと思っています。

相談員から一言

鳥取県は、子育て世代の方や、退職後にゆっくり過ごされたい方、U-ターンの方等みんなに優しい県です。待機児童ゼロ、豊かな食、自然、女性のストレスフリーの県で上位。人口は日本で一番少ないですが、移住者の方のサポート体制は万全です!!ぜひ、一度と鳥取へいらして下さい。