地域のトピックス

夏はみとよだ!三豊市、夏のプロジェクト始動!

休み明け、職場にやってくると、
「夏はみとよだ!」と書いてある写真のステッカーとバッジ、
そして、三豊市(みとよし)の美味しいものが机の上に置いてありました。

いったい、この笠子地蔵みたいな方は誰、、、?
と思っていたら、三豊市のA部長が届けてくださったとのことでした。
お時間が無い中、おいでいただいて、
受付に渡してお帰りになられた様子。
部長、いつもありがとうございます。
部長はいつも颯爽と現れて、颯爽と帰られますね。

でも、なんで「夏はみとよ」なの?
と思いながら、職場にステッカーを貼り、
バッジをネームに着け、ひとまずそのままにしておりました。

そして、本日、「夏はみとよ」なのは、
なぜなのか調べてみようと思い立ったのでした。

調べてみたら、夏の三豊市はイベントがいっぱいで、
一年で一番、集客のあるシーズンらしいのです。

果物の産地としても有名な三豊市、「もも・ぶどう祭り」なんて美味しそうなものから、
一年に一度だけ、臨時駅ができて、海にある神社に橋がつながる「津島神社夏季大祭」、
海ほたる鑑賞会(これ、本物の海の蛍ですよ!、海の中で光り輝いて美しいのです)、
雨乞いのお祭りで、とにかく大量の水を掛け合う伝統の仁尾竜祭りetc...

そして、このプロジェクト期間中、
飲食店等で、注文時や会計時に「夏はみとよだ!」とお店の方に声をかけると、
割引になったり、サービスが受けられたりするらしいのです。

という訳で、皆様、覚えていただいたでしょうか。
この言葉を覚えて、この夏、香川県の三豊市におでかけください。

はい、皆様ご一緒に!
合言葉は?

『夏はみとよだ!』!!!

「夏はみとよだ!」キャンペーン詳細はコチラ

うどん県・香川暮らし相談コーナー うどん県移住交流コーディネーター

藤田

プロフィール

香川県琴平町出身。高松市で就職後、家族の転勤で関東に引っ越す。同窓会をきっかけに故郷への思いが噴き出し、「香川県にかかわる仕事がしたい!」と思い、2018年9月より「ふるさと回帰支援センター」内の「うどん県・香川暮らし相談コーナー」にて相談員を勤める。

相談員から一言

香川県は、日本で一番面積が小さな県ですが、自然災害も少なく、温暖な気候でとても暮らしやすい場所です。病院やショッピングモールも県内にくまなく点在しているので、どの地域に住んでも「田舎暮らし」と「地方都市暮らし」を安心・安全に満喫することができます。まだまだ魅力ポイント満載の香川県の素晴らしさをご案内致しますので、是非うどん県・香川暮らし相談コーナーへお越しください!