地域のトピックス

鹿児島に新たな商業施設【Li-Ka 19・20】がオープン!

来鹿(らいか)したら、Li-Ka(ライカ)に行ってみよう!

鹿児島中央駅前にファッション・フード・サービス・多目的ホールが一体となった、
新しい情報発信型の商業施設『Li-Ka 19・20(ライカ一キューニーマル)
がグランドオープンしました!

相談員もだいぶ前に帰省した際に建設途中の現場を目にして、
「なにができるんだろう…?」と気になっていました。

Li-Ka(ライカ)という施設名の由来は…
*鹿児島に来ること「来鹿」
*鹿児島を好きになること「LIKE KAGOSHIMA」
*鹿児島に暮らすこと「LIFE KAGOSHIMA」
だそうですよ!なんだか素敵ですね。

来鹿された折にはぜひ、『Li-Ka 19・20』に立ち寄ってみてください。

「かごしま「よかとこ」暮らし支援センター」移住・交流相談員

中島

プロフィール

鹿児島県鹿児島市出身。鹿児島市と福岡県久留米市育ち。大学進学を機に大阪へ。その後、広島、東京へ移り住む。いろいろな地域の暮らしを経験したことが鹿児島の魅力に気付くきっかけとなる。企業ショールームやシェアオフィス勤務を経て、2017年4月より「かごしま「よかとこ」暮らし支援センター」にて移住・交流相談員をつとめる。趣味は旅と写真と猫。

相談員から一言

全国初の取り組みとなる「移住ドラフト会議」で注目を集めている鹿児島。桜島の悠然たる姿、源泉総数国内2位の温泉、黒牛・黒豚・黒酢・黒糖など「黒」に代表される独自の食文化、薩摩切子や大島紬などの伝統工芸、個性豊かな焼酎たち。たくさんの魅力溢れる鹿児島で新しい暮らしを描いてみませんか。かごんま暮らしが気になったら、ぜひお気軽に「かごしま「よかとこ」暮らし支援センター」にお立ち寄りください。お待ちしています!