地域のトピックス

どんな人が移住してるの?<愛媛県への移住者数、過去最多!>

2020年度の愛媛県への移住者数が発表されました。前年度比29%増で、2460名の方が愛媛県に移住されています。(各市町の転入手続き時のアンケート調査結果などに基づくデータで、転勤や結婚などを除く。)

市町別に見てみると、松山市が726名、今治市が685名、次いで西条市が240名でした。
内訳はこのようになっています。

エリア別では、東予地域への移住者が最多

東予地域への移住者数が全体の41.2%を占めています。東予地域とは、今治市、上島町、西条市、新居浜市、四国中央市のエリアです。

実際にご相談に来る方で多いのが、「しまなみ海道へ旅行に行って、とてもよかったので。」とおっしゃる方です。みなさんが島暮らしを選択されるわけではありませんが、しまなみ海道にある大三島(今治市)などは観光だけでなく、移住先としても人気の場所になっています。
〇大三島に移住された方のお話はコチラ<いまばり暮らし>

また、西条市は、「2021年版 住みたい田舎ベストランキング」で史上初の4冠<総合部門・若者世代部門・子育て世代部門・シニア世代部門の全4部門において全国1位>を獲得しています。
東京窓口でも、「西条ってどんな町ですか?」と聞かれることが本当に増えました。

西条市は瀬戸内海と、西日本最高峰の石鎚山(いしづちさん)に囲まれた地域です。広い範囲で「うちぬき」と呼ばれる湧き水が出て、家の水道から天然水が出てくる地域もあります。また平野が多いので、野菜の生産量が県内で一番多く、手軽に新鮮な野菜が手に入ります。

西条市の移住について<LOVE SAIJO>

年代別では、20代が多い傾向に

年代別の割合を見ると、20代が最も多く、28.9%、30代が17.1%で、2,30代がほぼ半数を占めています。コロナ禍の影響かどうかは定かではありませんが、窓口の相談でも20代の方の相談が増えています。

転職を考えたときに、都市部に住み続ける必要性を感じていないことに気がついたり、「地域に根差した企業で働きたい。」「一次産業(農業)に興味がある。」といった声が多くあります。

多いのは、東京、大阪、そして広島県からの移住

転入元別移住割合を見てみると、東京からが12.6%、大阪からが11.4%とそれほど変わらず、次いで、広島、兵庫、香川県の順です。移住相談について見たときに、以前はIターン(愛媛県出身でない方)の相談が多かったのに対し、昨年度はUターンの相談が増えました。

いつか愛媛に戻りたいとぼんやりと思っていたところ、コロナ禍で移住について調べる時間ができたり、ゆっくりと考える時間が取れるようになって、相談に至ったという方が多くいらっしゃいました。

今後は、田舎志向が強まっていく?!

松山市が人気な理由は、住みやすいのはもちろんのこと、企業数が圧倒的に多いので、求人が多いこと、賃貸物件数も多く、家賃が安いこと、そして出身者が多いことなどが考えられます。
ずっと都会暮らしで、移住先でも利便性を求めるという方には、松山市や、その周辺の東温市、伊予市、松前町、砥部町などをまずご紹介します。

一方で、ずっと都会暮らしの方(人口が多い町で暮らしてきた方)でも、本当は田舎暮らしにチャレンジしてみたい、憧れているという方がたくさんいらっしゃいます。
「自然を満喫しながら暮らしたい」「人が少ない地域で役に立ちたい」「農業に携わりたい」などの気持ちがあると伺います。

田舎暮らしのハードルの一つに、望んでいるような働き口がないことがあげられます。(例えば、給料がすごく下がってしまうなどです。)働き方の多様化が加速しているので、収入源が2つ以上あれば、解決するかもしれません。

また、地域になじめるか不安に感じることもあると思います。実際いなかに行けば行くほど、人との関わり合いは強くなる傾向にあります。(地域で助け合って生活しています。)こちらに関しては、移住者が増えているので、キーパーソンとなるような移住の先輩に出会って、いろいろ教えてもらうことでハードルは下がっていきます。
移住する前に、各地域にいる移住の相談員をご紹介していますので、地域の方にもお話しが聞けるかもしれません。

このように、ニューノーマルやポストコロナ時代といわれる今、田舎暮らしのハードルだった問題が解決しやすくなった側面があるので、街なか以外への移住もより増えていきそうです。

とはいえ、知らない地域で暮らす不安や、理想と現実のギャップがまだまだあると思います。愛媛ふるさと暮らし応援センターでは、移住の準備や、移住のリアルについてお話ししています。

愛媛県について詳しく聞いてみたい方は、お気軽にご連絡ください。
▶移住相談窓口 TEL:080-7749-3244
MAIL:ehime@furusatokaiki.net
※電話が繋がらない場合は、ふるさと回帰支援センター(03-6273-4401)までご連絡ください。

オンライン移住相談も受付中!予約フォームはこちら 漠然としたご相談も大歓迎です!

えひめ移住コンシェルジュ

松原

プロフィール

愛媛県出身。転職を期に上京。WEBでの就職情報サービス、映像制作会社での事務職を経て、2018年7月より、えひめ移住コンシェルジュを務める。
地方、ライフスタイルに加え、現代アート、オーガニックなどに興味あり。

相談員から一言

瀬戸内海に面している四国・愛媛県。小説のなかの世界みたいと言われるほど、のんびりしたところが多いかもしれません。山あり、海ありのコンパクトシティ。移住者も増え、地元住民と一緒になってつくる面白い地域が増えています。一方で、まだまだ未開の地もあり、それぞれが能力を活かせる可能性があるように思います。趣味の時間も大切に、楽しむことも好きな県民性です。
ぜひお気軽に窓口へお越しください。