地域のトピックス

【視察レポート】雲仙市

こんにちは。
ながさき移住サポートセンター移住相談員の谷口です。

先日、雲仙市に視察に行ってきました!
雲仙市に移住をされた先輩移住者にお話を伺ってきました。

先輩移住者さんに移住や雲仙市についていろいろと質問してきました。
今回、お話を伺った場所は「雲仙ビードロ美術館」。
“ビードロ”と呼ばれてきた江戸期の吹きガラスや19世紀のボヘミアンガラスなどのアンティークガラスをコレクションしている美術館です。

ビードロ美術館

<出身はどちらですか?>
神奈川県です。

<長崎県へ移住された理由は?>
自分の希望した職があったことが一番の理由です。
移住先の候補地として長崎県は考えていましたが、雲仙市のことは知りませんでした。
初めて雲仙市に来たときは「山道…絶対に無理!!」と思っていたのですが、周りの方も良い方ばかりだったので移住を決めました。

<雲仙市に移住して良かった点は?>
食べ物が美味しく、自然環境も良い、空気もきれいなのですごく良いです。
また、都会はどこかで誰かがイライラしていて、自分の場所や時間を確保するのがすごく大変でした。雲仙市に移住し、時間の流れが変わりゆったりと生活ができるようになったのは良かったです。

<苦労した点は?>
国立公園に住んでいることにびっくりしました。移住した当初は環境の違いなどから、不便に感じることが多かったです。虫も多いです。ですが、住んでいくにつれ、新緑、夏、冬で景色の変わる風景が良く、温泉なども都会とは違う楽しみができ移住して良かったと思います。
都会では当たり前だったものがなくなったけれど、お豆腐屋さんに「おかえりなさい」と声をかけられること、地域の子供たちから挨拶されること、人とのつながりが感じられる生活は都会ではなかったことです。

<移住を考えている方へのアドバイスはありますか?>
お試し住宅の利用をお勧めします。実際に生活してみないとわからないこともあります。
私自身、大村市に1ヶ月住んでみて暮らしぶりが見れたこと、話しかけてくれる方が多かったことを体験しました。

移住に関して貴重なお話を聞くことができました。
雲仙市に移住された先輩移住者さんは移住生活半年の方です。
雲仙市は外国人の避暑地として人気のあった場所であり、温泉町としても知られています。
季節によって景色が異なる自然豊かな場所です。

 

雲仙市に行かれる際は是非、自然豊かな景色を眺めてみてください!
ビードロ美術館ではガラスの体験工房も併設されているので、思い出づくりにもなります。

ビードロ美術館→http://unzenvidro.weebly.com/12460125211247324037203162030739443.html

雲仙市の移住に関する情報→http://www.city.unzen.nagasaki.jp/

長崎県の移住の情報→http://nagasaki-iju.jp/

ながさき移住サポートセンター 移住相談員

藤原(写真準備中)

プロフィール

長崎県長崎市出身。高校卒業まで長崎市内で過ごす。就職を機に東京へ上京。化粧品販売や事務職を経て2021年4月より「ながさき移住サポートセンター東京窓口」で相談員を務める。
地元長崎のサッカーチーム「V・ファーレン長崎」が大好きで、サポーターをしています!

相談員から一言

長崎県は美しい豊かな自然と異国情緒あふれる街です。美しい景観、離島の自然の豊かさと美しさ、人の温かさを感じられる長崎で「自分らしい暮らし」見つけてみませんか?少しでも長崎が気になったらぜひ一度センターへお越しください!お待ちしております。