地域のトピックス

JR西日本と「おためし地方暮らし」を考えるセミナー

この地域になじめるのだろうか?
イメージした環境はあるのだろうか?

JR西日本が沿線自治体と協力し皆さんにご提案する、新たな移住のカタチ「おためし地方暮らし」
あなたに合った暮らしさがしの旅を、JR西日本と沿線自治体がお手伝いします。
~西日本旅客鉄道株式会社・滋賀県高島市・京都府南丹市・兵庫県丹波篠山市~

プロジェクト概要
1. 概要
西日本エリア内の「滞在エリア」に居住して、鉄道サブスクサービスを利用しながら、「都市圏の仕事を持ちながら地方居住」を体感する機会を提供します。
2. 対象者
・京都・大阪・神戸市内へ通勤される方を含むご家族
・大人2人以上の参加が条件、お子様の有無は問いません。
3. 滞在エリア
・兵庫県丹波篠山市、京都府南丹市、滋賀県高島市
・応募の際に、ご希望の滞在エリア・住居をお選びいただきます。
・各滞在エリアの魅力に関する情報は公式ホームページをご覧ください。
4. 参加期間
【短期】 2021年6月1日(火)~2022年3月31日(木)のうち、1ヶ月~3ヶ月間(月単位)
【長期】 2021年6月1日(火)~2022年3月31日(木)の10ヶ月間
5. 応募期間
2021年4月7日(水) ~ 2021年4月28日(水)
6. 募集数
各滞在エリア5組程度

今回JRがご用意した“おためし移住”先3エリアからゲストをお招きし、クロストーク形式で各エリアの魅力を語りつくします 。
不安をたくさん抱えたご家族を対象に、1ヶ月~のおためし暮らしを通して、地域との相性を確かめていただくことが可能です。
「仕事はそのまま、ローカルに暮らし、ときどき出社」という新しいライフスタイルデザインをお手伝いします。
まずは、“おためし”で地方暮らしをはじめてみませんか

日時:2021年4月21日(水)18:30~20:00
場所:オンラインイベント
定員:100人 参加無料
※参加申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

【申込方法】
①オンラインセミナー及び今後の情報をご希望の場合
メルマガに登録 してください。
後日、登録されたメールアドレスに、セミナーURLを送付します。
②オンラインセミナーのみご希望の場合
Peatixのイベントページからお申込みください。

公式サイト JR西日本 × 沿線自治体 おためし暮らし

【プログラム 】
◆オープニングムービー
◆移住先3エリアの紹介&クロストーク
◆おためし移住サービス概要説明
◆質疑応答
◆クロージングアクト

・ファシリテイター 株式会社いろあわせ 北川 雄士さん
滋賀県彦根市出身。経営者。広告代理店、ITベンチャー企業の人事部門責任者の経験を経て、 2014年にフリーの人事として独立。2015年末にUターンし、株式会社いろあわせを設立。
現在『しがと、しごと。』をはじめ、行政や地元のカフェともイベントを創り、 滋賀の魅力を発信。
・コメンテイター ローカルジャーナリスト    田中 輝美氏
島根県出身。大学卒業後、新聞社で報道記者として活躍。2014 年からはローカルジャーナリストとして島根に暮らしながら、地域のニュースを発信。「関係人口をつくる」の他、関係人口関連の著書を複数出版。4月下旬に「関係人口の社会学」を出版予定。JR全線に乗車された大のJRファン。

・ 丹波篠山市 一般社団法人TSUMUGI 代表理事 林 健二氏
愛知県南知多町出身。兵庫県丹波篠山市の移住相談窓口である「丹波篠山暮らし案内所・クラッソ」で移住定住アドバイザーとして活躍。自ら奥さんと一緒に立ち上げたカフェ「inizio」の経営に加わえ、篠山市へ若者の移住を促進する事業を行う「一般社団法人TSUMUGI」を設立。
たんばささやまぐらし
・南丹市 つむぎ代表 東裏 晶子氏
岡山県出身。大阪の大学を卒業後、公務員としてまちづくり、建築関連業務に携わる。2017年南丹市胡麻への移住と同時に、ご主人と一緒に「GOMA」を起業。また、南丹市に移住した女性3人による民間プロジェクト「つむぎ」のメンバーでもあり、移住者による移住ガイドブック「楽しい移住」を作成。
なんたんぐらし
・高島市 公益社団法人 びわ湖高島観光協会 坂井田 智宏氏
愛知県名古屋市出身。結婚を機に高島市に移住。「びわ湖高島観光協会」の職員として、自然が豊かで数多くの場所が「日本の百選」に選ばれた高島の魅力を国内外に発信している。 地元の人や資源を掘り起こし、高島市、朽木を盛り上げていくのが夢。
たかしまぐらし

■こんな方にオススメ!
・移住をしてみたい。
・移住に興味があるが、仕事は変えたくない。
・田舎の暮らしに興味がある。
・古民家に住んでみたい。
・田舎に第2のホームタウンが欲しい etc..

是非、皆様この機会にオンラインセミナーにご参加ください。
★お問合せ先
[事務局] 西日本旅客鉄道株式会社 おためし暮らし窓口 otameshi-ijyu@westjr.co.jp

しがIJU相談センター 相談員

池田

プロフィール

滋賀県長浜市出身。高校卒業まで滋賀県内で暮らす。進学を機に滋賀県を離れ、卒業後航空会社に就職。国際線勤務に携わる。退職後、2017年7月よりしがIJU相談センターの相談員をつとめる。

相談員から一言

~Mother Lake..母なる湖・びわ湖…あずかっているのは、滋賀県です~
この言葉からもわかるように滋賀の奥ゆかしい人柄がうかがえるキャッチフレーズが、私は好きです。滋賀の魅力は、琵琶湖だけではありません。豊かな自然に恵まれると共に、大都市へのアクセスの良い便利な暮らしができます。田舎と都市が共存している滋賀をもっと知りたい方、ご興味がある方は、是非、お気軽にしがIJU相談センターにお立ち寄りください。