地域のトピックス

いなか暮らし&大人のインターシップ【多可町】

兵庫県の中央部、多可町「いなか暮らし&大人のインターシップ」が始まりました。

いなか暮らし&大人のインターシップは、自然豊かな 多可町の暮らし体験と、そこでの仕事体験ができるサービスです。移住にも積極的な多可町の新たな取り組みは大注目です!

▼「いなか暮らし」体験
地域に滞在して過ごすだけではなく、オプションによって地域独自の風習や伝統に触れることができます。例えば、季節の野菜の植え付けと収穫といった農作業体験、1,300年の伝統ある和紙「杉原紙」の紙すき体験やランプシェード作りなどによって、多可町の風土が自分に合うかを肌で感じることができます。

▼「大人のインターンシップ」体験
企業の社風を肌で感じられる機会及び、自身の適応度を知ってもらうため、原則、インターンシップ体験者(以下、体験者)は仕事の見学と簡易な体験とします。(労働者・労働力と判断しないために無給)
但し、受入企業の判断で直接生産活動に従事するなど当該作業による利益・効果が当該企業に帰属し、かつ、企業と体験者の間に使用従属関係が認められる場合には有給とします。その場合は、インターンシップ期間中は体験者と受入企業間で労働契約を締結します。また、受入日数は、基本2泊3日と致します。但し、受入企業と体験者で合意の場合、延長は妨げません。

▼期 間
 2021年04月01日-2022年03月31日 の中で実施します。

▼場 所
兵庫県多可郡多可町内全域

多可町「いなか暮らし&大人のインターシップ」の詳細はこちら

 

カムバックひょうご東京センター ひょうご移住プラザ 移住アドバイザー

近藤

プロフィール

神奈川県生まれ。小学校からの子供時代と阪神淡路大震災後の1年間を、宝塚市で過ごす。都内の大学に入学後、東京で社会福祉士として相談支援や介護業務に従事。一時期、茨城の農業関連会社で勤務していたこともあり。アウトドアでの活動や歴史・文化に触れることが大好きで、現在は登山やトレッキングにはまりすぎて困っている。

相談員から一言

兵庫県は日本海から瀬戸内海まで日本を縦断する唯一の県です。気候も雪国から温暖な瀬戸内気候までバラエティーに富んでいます。豊かな海、美しい里山、風情あふれる街、おしゃれな都会もみんなすぐそこ!自然も文化もうまいもんもいっぱいで「みんなが知ってる名物」だらけです。人生について少し考えてみたくなったら、兵庫県で新しいチャレンジをしてみませんか?新しいライフスタイルの可能性は無限大!兵庫県での暮らしや仕事をしっかりサポートします。