地域のトピックス

~空き家対策に風穴を!~【添田町】※地域おこし協力隊募集終了しました

添田町の地域おこし協力隊の募集は受付終了しました

令和3年度から計画開始の添田町第6次総合計画では「みんなでまちづくり」を合言葉に、町民、団体、企業、行政、町外の添田ファン、みんなが一緒に知恵を出し合い、支え合い・助け合いながら「いつまでも健康で住み続けられる・住みたくなるまち」を10年後に目指すまちの姿(将来像)として掲げてまちづくりを進めます。

今回は、10年後に町外から多様な人材が添田町に訪れて関係人口や移住者が増えている状況や、快適に暮らせる住宅・宅地が整備されている状況を目指す中で、空き家や空き地を活用した移住・定住促進に取り組む「地域おこし協力隊」を1名募集します。

〇空き家対策推進員(受付終了しました)
・空き家バンクの運営
・空き家や空き地を活用した移住・定住促進
・目的別リノベーションの制度設計補助及び運営支援
・シェアオフィス・サテライトオフィスの制度設計補助及び運営支援
・その他移住・定住に資する活動全般

◆ 以下のような志向をお持ちの方 ◆
(1) 自らの経験やノウハウを仕事に活かしたい
(2) 田舎での生活や地域活性、まちづくりに興味関心がある
(3) 新規事業開発の経験、または興味関心がある
(4) SNSなどでの情報発信が得意または好き
(5) 地域住民と協力し、地域を元気にするために意欲を持てる
(6) 将来的な添田町での起業・創業・就業に興味がある
(7) 経営やマーケティング活動に興味関心がある

◆ 以下に当てはまる方 ◆
(1)3大都市圏をはじめとする都市地域等に現に住所を有する者又は他の自治体において地域おこし協力隊員の経験が2年以上あり、かつ解嘱から1年以内の者、若しくは語学指導等を行う外国青年招致事業(以下「JETプログラムという。」)を終了し、参加者としての活動が2年以上あり、かつ、JETプログラムを終了した日から1年以内の者で、本町に生活の拠点を移し、住民票を異動できる者
(2)一級もしくは二級建築士免許を所持している方
(3)普通自動車運転免許を所持し、実際に運転できる方
(4)パソコンの一般的操作のほか、インターネット環境を活動に活かすことができる方
(5) 地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方

添田町について詳しい情報は
添田町公式HP

移住定住情報は
豊かな自然、明るい笑顔 添田ライフ

 

 

 

 

写真は「英彦山がらがら」

ふくおかよかとこ移住相談センター東京窓口 移住コーディネーター

中原

プロフィール

福岡県福岡市出身。大学進学を機会に福岡を離れ、長野、大阪、東京に住む。約30年ぶりに福岡へUターン。6年後、再び上京。2019年6月より「ふるさと回帰支援センター」内の「ふくおかよかとこ移住相談センター」にて移住コーディネーターをつとめる。

相談員から一言

福岡へUターンして、都会と田舎と両方経験しました。都会では都心へ歩いていけるところに住み、コンパクトなまちの便利を満喫。田舎では庭に果樹も生えている戸建に住み、たんぼも畑もリノベーションも小屋づくりも、ほとんど経験しました。
あなたの「こうしたい」を実現させるところが、福岡にはたくさんあります。興味のある方はお気軽に「ふくおかよかとこ移住相談センター」にお越しください。