地域のトピックス

ニイガタコメジルシ(※)で新潟県の魅力を続々発信中!

にいがた県の「当たり前」が実はすごかったという話。

にいがた県というと「首都圏からも近い観光地」「海の幸がおいしい」「お米がおいしい」皆さんの周りでも一度はそんな声をきいたことがありませんか?
本当にその通り!と、今では胸を張っていえますが、私も幼い頃から毎日食べていた、新潟コシヒカリのおいしさや水道からでる水のおいしさは上京するまで気が付きませんでした。

新潟県民にとっては「当たり前」でも他の地域からみたら、とても魅力的と思われるもの
新潟県にゆかりのある100人が紹介する「にいがた当たり前品質100」が公式Webサイトで公開中です。実感のこもった言葉と、美しい写真で綴られる記事をご覧ください。

#003:糸魚川市出身・横澤夏子さん「新潟といえばやっぱり、お米」
#016:スノーピーク代表取締役・山井梨沙さん「唯一無二のソウルフード燕三条背油ラーメン」
#088:津南町地域おこし協力隊・照井あさ美さん「雪と人とのつきあい」


(NIIGATA KOMEJIRUSHI PROJECT Webサイトより写真を引用)

【新潟のいいところ=「※(コメジルシ)」】
「新潟県のいいところを自信を持って発信したい」そんな意識や気運を高めるため、新潟県が開催中のプロジェクトです。
県内在住者も、これから新潟県に住みたい方も、帰りたい方も。あなたのスマホの中にも新潟県の写真が眠っていませんか?『#新潟のコメジルシ』でSNS検索してみてください。そして皆でぜひ発信しよう!
▶▶NIIGATA KOMEJIRUSHI PROJECT

▶にいがた暮らし(U・Iターン、移住)が気になったら・・・まずは
にいがたU・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」

▶にいがた暮らし相談窓口のご案内♪
お仕事相談&暮らしの個別相談申込(※窓口有楽町/表参道選べます)
ふるさと回帰支援センター(有楽町)のWebサイトからの申込はこちら(他県ともにご検討中の方)

にいがた暮らし・しごと支援センター(有楽町オフィス) 相談員

本間

プロフィール

新潟県柏崎市出身。高校卒業後、新潟県内・東京都内・埼玉等に在住。新潟県と関東圏を行き来し生活した経験を生かし地元に貢献したいと考えるようになり、「にいがた暮らし・しごと支援センター(有楽町オフィス)」移住相談員をつとめる。

相談員から一言

新潟県は東京まで新幹線で約2時間ほどと、便利な環境ながらも、「夏の海の綺麗さ」や「冬の雪を被った綺麗な山並み」など四季の移ろいがはっきりと感じられる、自然豊かなところです。一方で、日本海側最大の都市もあり、色々な移住の可能性があるところも特徴だと思います。お米もお酒もお魚も新鮮でおいしいですが、なんといっても「人の面倒見の良さ」「あたたかさ」が一番の魅力だと思います。移住を考えた時、地元に戻ってみたくなった時まずはお気軽にお越しください。お話しながら一緒に叶えたい暮らしを考えていきましょう。