地域のトピックス

福島県金山町 地域おこし協力隊3名募集 !

金山町は、福島県会津地方の南西部、新潟県との県境、山々に囲まれる自然豊かな「奥会津」といわれる地域にあります。
人口1,913人の町で、少子高齢化が進行していることから、地域活力の低下が懸念されています(令和3年1月現在)。
そんな中でも、地域の人たちは支え合い、温かい日常を過ごしています。
赤カボチャ、ヒメマス、炭酸水等の特産品があり、沼沢湖畔でのキャンプ、冬はスキー場でのウインタースポーツ等、自然を活かしたアクティビティ環境があります。
人が優しく、自然豊かな金山町で、地域活力の維持向上のため活躍してくださる方を募集します。

【募集内容詳細・応募方法はこちらをご覧ください】
① 地域団体の後継者として町を盛り上げる活動 1名
② 有害鳥獣への対策を行う活動 1名
③ 民俗資料整備により伝統を守り広める活動 1名

 

 

福が満開、福しま暮らし情報センター 相談員

新妻・佐藤

プロフィール

新妻:高校卒業までを富岡町で過ごす。大学入学と同時に上京し、都内で就職。高校生の進路行事を企画運営する企業、個人住居リノベーションのコーディネート、司法書士事務所事務を経て2018年4月より福が満開、福しま暮らし情報センターの相談員に。

佐藤:高校卒業まで福島県南相馬市(旧原町市)で過ごす。大学卒業後、大手百貨店に入社し、企画・宣伝・広報業務を中心に36年間勤務。2019年11月より、ふるさと回帰支援センター内「福が満開、福しま暮らし情報センター」の移住相談員として勤務。

相談員から一言

新妻:福島県は奥羽山脈と阿武隈高地の山並みを境に、会津地方・中通り・浜通りの3つエリアに分かれています。その地形から、それぞれが気候も歴史も暮らしも異なる大きな県です。雪、里、山、海…など、ご自身に合った理想とする暮らしがどこかできっと適えられると思います。福島の人は粘り強く親身で心根は熱いです。そんな福島が気になった方は一度センターへお越しください!

佐藤:今まで日本中いろいろな場所で暮らしましたが、どこも素晴らしいところばかりでした。
そんな中でもふるさと福島は四季の移り変わりがとてもはっきりしているところだと思います。
山々の景色・鳥たちの声・満天の星空・果物の豊富さ・旬の魚・空気の匂いなど、四季の変化を感じるものが盛沢山です。ぜひ福島に来てご自身で福島の魅力に触れてください。