地域のトピックス

【柏崎市】農村滞在型交流観光施設をプロデュースしてみませんか?

みんながずっと「じょんのび」できる施設に・・・

新潟県柏崎市、高柳地域にある農村滞在型交流観光施設「高柳じょんのび村」村長(株式会社じょんのび村協会の代表取締役候補)を募集します。

平成6年7月にオープンし観光拠点として賑わいを見せていたこの施設も、近年利用者の減少に伴い、売上も減少傾向となっています。これまでの経験を活かし、あなたがステップアップし活躍できる場として、じょんのび村を拠点に新しい観光・地域ブランディングに取り組み、地域をプロデュースしてみませんか。多くの意欲ある方のご参加、ご応募をお待ちしています。

▶募集要項・じょんのび村の経営状況報告書 はこちらをご覧ください。

田舎の里山風景を満喫でき、子どもから大人まで一日中楽しめる農村リゾートで、道の駅「じょんのびの里高柳」にも登録されている癒し系温浴施設です。
※「じょんのび」とは地元の言葉で「のんびり」「ゆったり」という意味の方言です。『温泉入ってじょんのびしてこよっさ~』のように使います^^


柏崎市は海のイメージもありますが山側も魅力的な地域があります。
露天風呂に入り、夏は緑の中で、冬はきれいな雪景色の中でじょんのびできる癒しの施設♪
近くには日本の原風景が残る「集落 荻ノ島」や観光名所「高柳門出かやぶきの里」もあります。

アクセスの詳細はこちら

◆関連情報
KASHIWAZAKI LIFE BLOG (柏崎に住む皆さんの情報、ビジュアルでみる柏崎市)

あなたのチャレンジをお待ちしています!

にいがた暮らし・しごと支援センター(有楽町オフィス) 相談員

本間

プロフィール

新潟県柏崎市出身。高校卒業後、新潟県内・東京都内・埼玉等に在住。新潟県と関東圏を行き来し生活した経験を生かし地元に貢献したいと考えるようになり、「にいがた暮らし・しごと支援センター(有楽町オフィス)」移住相談員をつとめる。

相談員から一言

新潟県は東京まで新幹線で約2時間ほどと、便利な環境ながらも、「夏の海の綺麗さ」や「冬の雪を被った綺麗な山並み」など四季の移ろいがはっきりと感じられる、自然豊かなところです。一方で、日本海側最大の都市もあり、色々な移住の可能性があるところも特徴だと思います。お米もお酒もお魚も新鮮でおいしいですが、なんといっても「人の面倒見の良さ」「あたたかさ」が一番の魅力だと思います。移住を考えた時、地元に戻ってみたくなった時まずはお気軽にお越しください。お話しながら一緒に叶えたい暮らしを考えていきましょう。