地域のトピックス

温泉総選挙2020 菊池温泉が「歴史・文化」部門 第1位 &『地方創生担当大臣賞』受賞

皆さん、『温泉総選挙』ってご存じですか?

温泉総選挙とは・・・官民一体となった温泉地情報発信サイトで、応援投票による国民参加型の地方活性化プロジェクトで今年度で5年目。2020年は10月1日から2021年1月20日まで1日1回、全国からエントリーしている温泉に投票。
”リフレッシュ”、”女子旅”、”うる肌”、”絶景”、”外国人おもてなし”など、9つの部門に分かれ、その中で 菊池温泉は ”歴史・文化” 部門の温泉地で1位を獲得しました!!!!!!
この部門は、歴史上の出来事や人物にゆかりのある温泉地や、独自の文化を残している温泉地がエントリーし、なんと他の名だたる温泉地よりも票を獲得しました!!パチパチパチ!!

こんな菊池温泉は、熊本市内からも車で約40分くらいで行け、ツルツルヌルヌルの美人の湯に立ち寄り風呂で200円代から600円代くらいで入れるのです。物産館のところには無料の足湯もありますよ。私も帰省の度に菊池温泉によく行っています!

そしてさらに、3月9日に行われた表彰式にて『地方創生担当大臣賞』を受賞しました。
歴史・文化に育まれた地域の魅力を多様な形で発信し、地方創生に積極的に取り組んだ点が評価されました。

●詳しくはこちらをご参照ください。

菊池市と言えば、最近はアメリカニューヨークのインテリアデザイン誌に
ずっといたくなるような世界の12の図書館・書店』として、日本で唯一、菊池市中央図書館が取り上げられたり、熊本県の中でもキラリと光る市です。

菊池市が気になられた方は、こちらの菊池市公式Youtubeチャンネル『癒しの里 菊池 Kikuchi city』をご覧ください。
(菊池市ではオンラインでも移住の相談を受け付けています)

くまもと移住定住 支援センター 相談員

清原

プロフィール

熊本県熊本市出身。アウトドアが好きで海や山、温泉など熊本の自然を満喫しています。自宅には自前のキャンプ道具がいっぱい。また、学生の頃はバックパック旅行も好きで、社会人になってからは旅行業界に従事し、旅行の企画や添乗、観光プロモーションをやっていました。

相談員から一言

山あり、海あり、川あり、温泉あり、キレイな水あり、くまモンあり。45市町村、それぞれの自然や温泉や文化的遺構や産業があり様々なライフスタイルが選べます。あのあこがれの景色のその中へ。熊本へきなっせ。