地域のトピックス

【おぢや市】地域おこし協力隊を募集中!

地域の宝を一緒に生み出しませんか?

新潟県小千谷市から地域おこし協力隊募集のお知らせです!新潟県と聞くと「花火」「コシヒカリ」「おそば」・・・を思い浮かべる方も多いと思いますが、それ全部小千谷にあります!
創造性やアイデアを生かし『新たな宝物』を生み出すチャレンジを、小千谷市の皆さんと一緒にしてみませんか?

■業務内容
【山菜等の生産・販売促進】
小千谷市塩殿(しおどの)地域では、耕作放棄地を活用した、山菜や薬草の栽培を始めようとしています。とは言えまだまだ検討段階ですので、協力隊員にはこれに取り組む組織の立ち上げから携わっていただきます。
また、1年目は候補地の視察、整備(草刈りなど)、農作物や先進地事例についての学習など準備段階のステップを踏んでいただき、いずれは生産体制の確立や販路拡大を進めていただきます。

■募集内容・申込
こちらのページよりご確認ください。

■活動地・事務所
塩殿(しおどの)地域。おぢやクラインガルテンふれあいの里(小千谷市大字塩殿甲1814番地2)※二地域居住をしながら田舎暮らしを体験できる滞在型農業体験施設。利用者である都市住民と地域住民との交流が非常に盛んに行われています。

【塩殿地域】
塩殿(しおどの)地域は小千谷市の中心部から約8kmほど南東に位置し、塩殿(しおどの)・卯ノ木(うのき)・細島(ほそじま)・上坪野(かみつぼの)の4町内から構成される、人口約380人、世帯数約110世帯の地域です。

多くの人から親しまれる山本山と日本一の大河・信濃川に囲まれ、晴れた日には越後三山の絶景が味わえる風光明媚な地域です。特に山本山には、ひまわり畑やそば畑、ワシ・タカの渡り、雲海など必見スポットが数多くあり、年間を通じて四季の変化を楽しむことができます。
山本山高原についてはこちら

地域では盆踊りや町内運動会をはじめ、地元の神社の祭礼、塞の神(さいのかみ)、鳥追い(とりおい)など伝統ある行事が開催されるほか、一人暮らしの高齢者を中心に集って食事や趣味活動を楽しむデイホームにも取り組んでいます。

■小千谷市(おぢやし)のこと
新潟県の中越地区に位置し、中心部を信濃川が流れる自然豊かなまちです。「泳ぐ宝石」錦鯉、迫力満点の牛の角突き世界最大級の四尺玉花火が打ち上がる片貝まつり、カラフルな熱気球が浮かぶおぢや風船一揆ユネスコ無形文化遺産にも登録されている伝統織物小千谷縮。また、魚沼産コシヒカリ、つるっとした食感とのどごしが特徴のへぎそば、米どころならではの日本酒などおいしい食べ物がたくさん!小千谷市観光情報(おぢやにおいでよ!)

■アクセス
首都圏からは上越新幹線+在来線で約2時間、車では関越自動車道で約3時間と、アクセスも良好です。市の中心地には商店街や、ショッピングセンターなどもあります。はっきりとした四季の違いを楽しめる”ほどよい田舎”に足を運んでみませんか?

■こちらもご確認ください!
小千谷市ホームページ(協力隊募集)
https://www.city.ojiya.niigata.jp/life/1/35/307/

小千谷市移住・定住ポータルサイト「おぢやにスムスム。」
https://www.city.ojiya.niigata.jp/site/iju/

第一次産業ネット募集ページ
https://www.sangyo.net/job/detail/8877

にいがた暮らし・しごと支援センター(有楽町オフィス) 相談員

本間

プロフィール

新潟県柏崎市出身。高校卒業後、新潟県内・東京都内・埼玉等に在住。新潟県と関東圏を行き来し生活した経験を生かし地元に貢献したいと考えるようになり、「にいがた暮らし・しごと支援センター(有楽町オフィス)」移住相談員をつとめる。

相談員から一言

新潟県は東京まで新幹線で約2時間ほどと、便利な環境ながらも、「夏の海の綺麗さ」や「冬の雪を被った綺麗な山並み」など四季の移ろいがはっきりと感じられる、自然豊かなところです。一方で、日本海側最大の都市もあり、色々な移住の可能性があるところも特徴だと思います。お米もお酒もお魚も新鮮でおいしいですが、なんといっても「人の面倒見の良さ」「あたたかさ」が一番の魅力だと思います。移住を考えた時、地元に戻ってみたくなった時まずはお気軽にお越しください。お話しながら一緒に叶えたい暮らしを考えていきましょう。