地域のトピックス

【富山県の子育て案内編】

富山の子育て支援 ここが自慢!

child02

児童医療費助成に加え、市町村独自の支援制度も設けています。

child03

登下校時の見守りなど、地域一体となった子育て支援がみられます。

∇「子育て応援券」(有効期限は3歳の誕生日の前日です)
子育て応援券の有効期限は、「お子さんの3歳のお誕生日の前日(3年間)」です。
(注意)応援券の表紙に記載されている「有効年月日」をご確認いただき、有効期限までにご利用いただきますようお願いします。

詳細はこちら

とやま子育て応援団
毎月、「とやま家族ふれあいウィーク」(「とやま県民家庭の日」(毎月第3日曜日)から始まる1週間)の期間中を中心に、18歳未満(高校等在学者含む)の子ども連れの家族が、協賛店を利用した場合に、応援団マークを提示することで協賛店が設定している割引や特典等の各種サービスを受けることができます。

詳細はこちら

∇結婚、妊娠・出産子育て応援サイト「とみいくフレフレ」

∇とやまの子育て支援情報 ~パパ、ママのためのハンドブック~
国、県、市町村等で取り組んでいる子育て支援のための様々の施策や事業について、県内の子育て家庭が受けられる支援施策を包括的に紹介するリーフレットを配付し、子育て家庭のニーズに応じた支援施策の活用を促進します。
配付先等
・市町村・地域子育て支援センター
・保育所、幼稚園、児童館・児童センター、小学校
※市町村においては、母子手帳交付時、出生届提出時、乳児健康診査時などに配付
※保育所、幼稚園、小学校1、2年生については、園児、児童一人一人に配付

富山くらし・しごと支援センター 相談員(くらし)

鯉野・牧

プロフィール

鯉野:石川県金沢市出身。田んぼと畑に囲まれた場所で高校までを過ごし、卒業後上京。その後金沢に戻り、接客・販売の仕事に就くかたわら、美術館のアートボランティアに登録。その活動を通して日本各地の地域住民との交流を経験。2014年に再び上京。2017年4月より富山くらししごと支援センターの相談員を務める。

牧:大学の4年間を富山で過ごし、卒業後、東京で旅行会社に就職。定年退職後、悠々自適とはいかないこともあり、別の会社に勤務。富山県への移住相談員の募集をみて、大学時代に大変お世話になった大好きな県への恩返しのチャンスと思い、相談員に。

相談員から一言

鯉野:富山は立山連峰に海の宝石がざくざくの富山湾など、雄大な自然の恵みがたくさん!!お酒も食べ物も美味しいです。音楽フェスや古本とレコードのイベントなどカルチャー面もアツイ!!移住イベントも年間通して多数開催しています。まずは是非体感してみてください!!

牧:富山は立山連峰に代表される山と日本海、そして落ち着いた街並があり、最近は海外からの観光客も増えている風光明媚なところです。でも一番の魅力は、真面目で勤勉な「人の良さ」です。移住にあたっての様々な支援もご用意していますので、ぜひ有楽町オフィスにお越しください。そして現地で富山の良さ、特に「人の良さ」を体感してみてください。