地域のトピックス

MOCTION【木材利用が森と人を育てる】ぐんま木材から

MOCTION をご存知でしょうか?
こちらは2020年11月にオープンした、東京都が全国各地と連携し運営している、国産木材の魅力発信拠点です。
HP▶https://moction.jp/
Access▶東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー5F

ただいま、期間限定で群馬県とコラボした展示をしていたので、お休みの日にのぞきに行ってきました!


全国各地の木材利用を紹介するスペースでは、産地の生産者・林業に関わるゲストのトークイベントも開催されます。画像左側は、東京・多摩産材を使った【木質化オフィス】を提案するスペース。実際にコワーキングスペースとしても利用できます(とっても良い木の香りに、デスクワークが捗りそうです♪)

都市だけ、森林だけで、暮らすことはできない

今回は、群馬県森林組合連合会よりオフィス向け什器や、県内の木材を利用した製品を見て触れることができました。

まず目に入ったのが、群馬県内の自治体から「誕生祝い品」として赤ちゃんへ贈られる木のおもちゃ!

群馬県ウッドスタート宣言

(左)みなかみ町:実はカスタネットの発祥地!赤ちゃんのお名前と誕生日、生まれた体重が刻印されています/(右)沼田市:市を象徴するお祭りにも登場する“天狗”がモチーフの「沼田てんぐつみき」表情が色々で可愛い!

ウッドスタート宣言は市町村と企業の協働による、地産地消の「木育」を推進する取組で、全国51の自治体が手を挙げています。(2021.2月時点)
群馬県は2020年11月、都道府県としては全国3番目に宣言。
ウッドスタート宣言とは?
木育ラボ(木育かきくけこ)
▼環境省「グッドライフアワード」にも選出
グッドライフアワード2015 市町村と企業の協働による「ウッドスタート」

県が宣言することで、各市町村の取組みを下支えする役割を担います。
では、自治体でこのウッドスタート宣言をしているところは、具体的にどんなことをしているのでしょうか?

その一つが、写真に上げた「誕生祝い品」
赤ちゃんが触れるおもちゃから木育を始めよう!というもので、このおもちゃは地産地消がポイント。ウッドスタート宣言をしている自治体では“その土地の木材を使った、地元の木工職人が作る玩具”を、新しく住民となる赤ちゃんへプレゼントしています。
≪群馬県内でウッドスタート宣言をしている自治体≫
上野村(2015年)、みなかみ町(2016年)、川場村(2019年)、沼田市(2020年)
自分の生まれた土地で育った木のおもちゃと触れながら育つ、豊かさ。

グッドトイ2020 大賞、多世代交流賞「 おとたま 」

つみ木堂HPリンク / Instagram
このカラフルなおもちゃは、白い糸の先にブナのボールがつながっている、手のひらサイズのけん玉。郷土玩具【鳴子】をヒントにカップに切り込みを入れ、打ち鳴らしたり・カップに玉を入れたときに とても良い音が鳴ります。
▷鳴らす音も少しご紹介!「群馬でちょうどいい暮らし」

群馬県・明和町(めいわまち)で明治時代から続く木工所 つみ木堂さんで製作されています。
〇グッドデザインぐんま 令和元年度選定〔やすらぎ賞〕
〇GOOD TOY AWARD 2020〔グッド・トイ2020/大賞/多世代交流賞〕

赤ちゃん~おじいちゃん・おばあちゃんまで、多世代が遊び方を様々に考えることができるおもちゃから、木とふれあう時間を楽しく過ごせますね!
またウッドスタート(ゆりかご)~ウッドエンド(棺桶)まで木材と触れ合うことを推進する、この活動のコンセプトにも合致!

仕事の場を快適にするデザイン・木の力

日々はたらくオフィス内で、どれだけ快適に過ごせるか。
仕事の効率や周囲の人との関係性において、実は大事なポイントですよね!
コロナ禍でテレワーク・在宅勤務をされるようになった方は、自宅で仕事の場を作ることからスタートされたかもしれません。

今回はそんなリモートワーク対応◎こんな製品も見られました♪
(右は実際に座らせていただいて、PCワークの実演(フリ))
リモートワーク スポット 略して「リモスポ」
これは一人用で扉が無いタイプでしたが、オーダーメイドでお好きなサイズでも作れて扉の変更もできるそうです!
窓はないので、とにかく机に集中して作業がしたい時や、オンライン会議の時には良いかも,,,。

こちらは空間を仕切って、ちょっとした作業スペースをどこでも作る事ができる「コ(小)ワーキングスペース」
天板付きのパーテーションで、屏風のように脚の部分までパタパタと折りたたむことができます。杉材でとても軽く、女性でもスムーズに移動できます。
もちろん木材なので、写真[左]のように好きな色へ塗り替えたり、釘など使えば小棚やライトをつける等、DIYで作ることもできます。
作業に合わせたオリジナルワークスペースを作るのも楽しそうです。

どちらもデスクワークする私にとっては、視界と手にふれる所が「木」というだけで、自然と心がほぐれる気持ちになるもので「木っていいなぁ」と単純に欲しくなりました。(笑)

間伐材のエッセンシャルオイルから森と人をつなぐ

木の良さに「香り」が挙げられます。
森林浴や自然の多い所に行くと、なぜか爽やかな清々しい心地になった経験がありませんか?じつは木から発生する「フィトンチッド」という香り成分には、空気を浄化させる能力があることが分かっています。

この木の芳香を、森林整備で出る間伐材から精油を蒸留・販売しているのが、みなかみ町のアロマオイルブランドLicca(リッカ)。
こちらは「自然の香りを通じてみなかみ町と訪れた人をつなげる」というコンセプトで、エッセンシャルオイルの製造をスタート。
LiccaHPInstagramFaceboook

精油の蒸留には利根川源流のはじまりである水を使い、材料となる間伐材は地域材を自ら自伐型林業のチームに参加することで仕入れをしているとのこと。
今回は特別に「オフィスの木質化」展示に合わせた、男性的な香りを調香されたそうです!

じつはこの事業を立ち上げたのは、2020年にみなかみ町へ移住した長壁ご夫婦
お二人が移住する前に活動していた、JICA海外協力隊のこと~移住するまでの経緯は、町のローカルチャレンジサポート事業FLAPでのオンラインセミナーでもご覧ください!
(一社)FLAP 主催(2020.6/18)「ウィズコロナを生き抜くJICA海外協力隊OB/OGの地方チャレンジウェビナーinみなかみ」

=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=

群馬の2×4(ツーバイフォー)を使ったこどもの遊びスペース。椅子は住宅の柱材を切って座面を付けただけのシンプルな作り!,,,,アリスのあの場面の気分(笑)

自然の木は成長を続けますから、使われない木が残る森は日光の届かない“不良”な材ばかりとなり、やがてしんでしまします。
人の手が入ることで森を守ってきた歴史と、外国産の木材を使い続けている現在の生活を知り、身近な物の素材や地球資源のことを考え直す機会になりました。

今回ご紹介したものは、ほんの一例。
木の良さは実際に手でさわり、香りを知る事で体感することができるはず。
お近くの方は、ぜひ足を運んでみてくださいね!

全国各地の国産木材活用と連携! MOCTION 企画展 vol.5
草津・伊香保・水上を始めとした温泉王国として名高く、利根川の上流に位置し、首都圏の水がめでもある群馬県の企画展。
展示期間/2021年2月18日〜2021年3月2日
展示についてのお問い合わせ/群馬県環境森林部森林局林業振興課
rinshin@pref.gunma.lg.jp

=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=
ウッドスタート宣言をしている4自治体のご紹介

 

1.群馬県の南端・上野村(うえのむら)は、村内95%が森林面積を有する“森と共生する村”。
じつは県内で一番人口が少なく、村内人口の2割はUIターンの移住者です。
▶人と自然がもてなす村「旅する上野村」

2.新潟県境・最北端 みなかみ町。谷川岳のお膝元として自然豊かな環境はユネスコエコパークにも認定されています。実は都内通勤費の実費補助やテレワーカーの移住推進も積極的。
みなかみユネスコエコパーク

3.川場村(かわばむら)はその名の通り、利根川源流に接し、きれいな水はうまい米と日本酒の醸造所もあります。東日本でNo.1に輝いた道の駅「田園プラザ川場」は沢山の人が訪れます。
おいしい自然に出会う、ふれあう

4.河岸段丘に位置する沼田市は、「真田の隠れ里」とも呼ばれる山間地の雄。群馬の北東部・利根沼田エリアでは一番の市街地で、上越新幹線の駅 上毛高原駅を利用した都内通勤者も居住。
お試し住宅で来てみて!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
ぐんま暮らしの全般は,,,「ぐんまな日々」
(移住ポータルサイト)
https://gunmagurashi.pref.gunma.jp/

2021.3/13(土)~3/19(金)は、群馬県全域の大移住相談会!
「オールぐんまオンライン移住相談ウィーク」
詳細は、上記クリック先の特設サイトよりご覧ください♪

ぐんま暮らし支援センター ぐんま暮らし相談員

藤田・上原

プロフィール

藤田:生まれも育ちも群馬県高崎市。地元の大学を卒業後、旅行会社に勤め前橋営業所勤務からスタートし、東京転勤を機に東京定住となった。旅行会社を卒業後、ぐんまちゃん家で観光案内員の仕事をしたご縁で現在の相談員となる。

上原:群馬県安中市出身。高校まで県内の関東平野で暮らす。「雪のある土地で暮らしてみたい」と秋田県の美術短大で下宿生活を送った後、工芸職の仕事を求め愛知県で就職。その後、群馬に住む家族をサポートするため東京で転職し、安中市磯部温泉でのボランティア活動を通じ地方移住を考える。2020年4月より「ぐんま暮らし支援センター」相談員として着任。

相談員から一言

藤田:ぐんまの魅力は、5つあります。都心からの距離感(100キロ・1時間)、交通網の充実(新幹線・高速自動車道・5つの鉄道)、豊富な水資源・長い日照時間により全国有数の農業県、全国2位の物価の安さ、そして強固な地盤に守られた安心安全な土地柄、子育てに最適です。一度おいでください。

上原:首都圏と農村地の両方に手が届く群馬県は、「ちょうどいい」暮らしができる土地です。海はないけれど、川の恵みを受けた豊かな農作物がとれるほか、「上毛三山」に代表される自然も絶景です。何気ない日常を送る中で「ちょっといいぐんまの魅力」があります。仕事も遊びも選んで生きていける、選択肢が豊富な群馬県での暮らしを一緒に考えませんか?