地域のトピックス

222 忍者の日 「甲賀市職員は忍者姿で業務しました」の巻

甲賀市は、隣接する三重県伊賀市などとともに、「にんにんにん」と読める2月22日を「忍者の日」と定め、観光のPRに取り組んでいます。
今年も甲賀市役所では、職員が22日朝から「にんにんにん」というかけ声を唱えて、黒や紫など上下そろいの衣装に着替えて忍者姿に変身し、パソコンで事務作業をしたり、電話を受けたりしていました。「動きやすくて忍者のように素早く仕事ができます」と笑顔! 少しでも明るいニュースが届けれたらとの思いも込められていたそうです。


市役所1階の受付には真っ赤な衣装姿の「くノ一」姿の女性職員がお目見えし、訪れた人たちに対応し、今年は、手裏剣などがあしらわれたマスクを着用していました。↓


忍者姿での勤務は、22日一日中行われました。甲賀市は2月を忍者月間とし、講演会や体験教室など毎年さまざまな事業に取り組んでいます。

★★★甲賀市は忍者だけではありません。★★★

自然豊かな環境の中で、甲賀流で暮らしを楽しんでみませんか。
 甲賀市の移住ポータルサイト
甲賀流LIFE STYLE BOOK
忍びの里 甲賀へようこそ

しがIJU相談センター 相談員

池田

プロフィール

滋賀県長浜市出身。高校卒業まで滋賀県内で暮らす。進学を機に滋賀県を離れ、卒業後航空会社に就職。国際線勤務に携わる。退職後、2017年7月よりしがIJU相談センターの相談員をつとめる。

相談員から一言

~Mother Lake..母なる湖・びわ湖…あずかっているのは、滋賀県です~
この言葉からもわかるように滋賀の奥ゆかしい人柄がうかがえるキャッチフレーズが、私は好きです。滋賀の魅力は、琵琶湖だけではありません。豊かな自然に恵まれると共に、大都市へのアクセスの良い便利な暮らしができます。田舎と都市が共存している滋賀をもっと知りたい方、ご興味がある方は、是非、お気軽にしがIJU相談センターにお立ち寄りください。